2018-05-05

ホーチミン危険な4区。オープン1ヶ月のホテルにマル暴あらわる!?


こんにちは。ホテル王です。


日本はいかがですか?
楽しいですか?そうですか?


いいね!
いいね!!


東南アジアはその倍は面白いぞ!
とか言っておきましょう。


東南アジアはその100倍チャンスも転がってるぞ!
とか言っておきましょう。


そして、どうやらやっぱり危険なこともあるみたいだぞ!
とか言ってやろうぜ〜い!!


ぼくは今、ホーチミンでホテルをやっています。以下オシャレすぎる詳細↓↓


booking.com

google

facebook page





はい。
てっきり、4月上旬にオープンした、と思ってたら、それはプレオープンだったそうです。



グランドオープンは25日でした。



な、なにそれ!教えなさいよ!!恥かいたやんか〜。



(↑本オープン時の儀式だそうだ。なぜ教えてくれなかったんだ・・・)


場所はホーチミンの4区です。


ホーチミンでは1区、2区、、、、という呼び方をするわけなんですが。我がいとしのホテルLAMOちゃん♡がある、この4区は、どローカルで、英語も通じない場所です。


アジア放浪癖のあるぼくにとって、外人が住むエリアは物価高くて、興奮もしないので、この4区がお気に入りです。


と、ここで!!



問題発生!



プープープー!!
っちゅなもんですわな。


僕のホテルに、マル暴(や◯ざ)がちょっかいを出しそうだ、という情報をキャッチした!


そうです。


4区はどローカルで、おもしろくて、ちょっとデンジャラスでござる。どうやら昔、貧困な場所だったそうで、地元のマル暴が多く棲息するエリアだったのだ〜!!


聞くと、最近4区で名も売れ、それを嗅ぎつけた、あんまり素行のよくないひとが近づきてきているそう。。。


まじか!
これは全く想像だにせず!!


さて、どうしたもんか。これか〜。発展途上国で戦う、ってのは!


興奮してきた。


さて、対策案として。


・防弾チョッキを買って、真っ向から応戦
・もろ外タレ感満載の外国のムッキムキのセキュリティーを雇う
・でかめのダミーセキュリティーカメラをこれみよがしに配置する



などなど。考えて見た。
とりあえず、安全第一!健康第一!で対策を考えよう。


しかし、我がホテルも1ヶ月でそこまで成長するとは、嬉しい限りだ。頼もしいではないか。


なんてことだ。すでに4区でトップの知名度と人気を得ていることに、ありがたくない事件から気づかされる、という。


人生はなにが起こるかわからんな〜。
不幸な出来事だと思ってたものが、幸せを呼んできたり、またその逆も然りなり。


けっきょく、長い人生の未来から見たときに、こんないちにちの悩みや、不幸なんて、小さいもんなんだ。


マル暴とも上手に共存できているのかもしれないし、なんなら改心させてあげてるかもしれん。


俺の能力はすごいって、ことにつきる。



(↑マル暴も注目する”オシャレすぎるホテル”)


ちなみに、ぼくは、昔テレビ局に勤めていたまーまーエリートサラリーマンだった。


報道カメラマンをやっていた時には、マル暴のガサ入れに同行し、玄関前に立っていた強面のだんなに、カメラのレンズを右手で


かぱ


っと止められたりした。


その瞬間、ぼくは歓喜した。



ぃよっしゃあああああああああ!


いい絵が撮れたぞ!!




と。



(↑ほら。カメラマン。ね。)


そのまた別の取材では、大阪の西成で100人くらいのホームレスの方々に囲まれた(巻き込まれてしまっただけなんだが。。。)こともある。


さすがにあの時は



やばい



と思った。


が。



逃げたので、問題ない。



こう考えると、結果として、なんの問題もなかったことになる。


今回もなんとかするんだろうな、おれってやつは。


人間の可能性は無限大だ。


では、ともに楽しもう♪


再度、おしゃれすぎる詳細↓↓


booking.com

google

facebook page





遊びに来られる際には、ルーツファクトリー経由で、ぼくにご一報をくださいまし。


※ホーチミン4区は他の地区よりもほんの少しスリリングな地域ではありますが、本当に危険という訳ではないので安心してお越しくださいw






マミシン



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!


年収1000万を捨てベトナムはホーチミンでホテル王に。マミシン



暮らしを楽しむ達人のブログ バナー

関連記事