小学生の頃の思い出のちゃぶ台、リメイクしてダイニングテーブルに!


こんにちは、ユリマタタです!


今回は、お客様の思い出がたくさん詰まったちゃぶ台を、ダイニングテーブルにリメイクさせていただいたお話をご紹介します。


ある日、ホームページのお問い合わせフォームから「65歳の私が小学生のころ実家で使っていたちゃぶ台のリメイクをお願いしたいです。」とメールをいただきました。





お電話で詳しくお話しを伺うと、「ライフスタイルが変わってきてなかなかちゃぶ台での生活が大変になってきたけど、思い出もある家具だから脚を長くしてテーブルとして使えるようになったら嬉しいです。」と仰るお客様。


「元々まったく高価なものでもなくて、リメイクにもあまり予算をかけられないんですけど、お願いできますか?」ともご質問いただきました。


お客様の大切な家具なら、もちろん喜んでリメイク承ります!





なるべく金額を抑えたいとご希望いただいていたのでできることは限られましたが、お客様のお話を丁寧にヒアリングしてデザインを決めていきました。


元は脚をパタンとたためるタイプで、幕板と折りたたみ式の脚と支えが付いていました。





こちらを分解して、天板裏を整えてから新しいフレームと脚の取り付けをしていきます。


綺麗に分解をしないと天板が使えなくなってしまうし、脚の取り付けにもガタつきが出ないよう気を遣います。これがリメイクの難しいトコロ。


でも、リメイク経験豊富なルーツファクトリーでは、いとも簡単なことのようにやり遂げちゃいます。いえい。


そしてリメイクが完成したテーブルはこちら。





天板はそのままに、硬く頑丈な無垢オークでフレームと脚を製作して取り付けました。


一般的なダイニングテーブルの高さ700mmになり、椅子での生活も快適です♪


ちなみに脚は取り外し可能で、取り外し・組み立てともに工具がいらない蝶ネジ式となっています。





もしも「お部屋を広く使いたいからちょっとテーブルをしまいたい」という時も簡単に分解して収納できちゃいます。


さぁ、こちらのテーブルをお客様のもとへ納品させていただくと・・・



「まぁ!とってもステキ!」



と、ニッコリ笑顔をいただけました(^^)





使い馴染んだテーブルをこれからも使い続けられると思うと嬉しいと、喜んでいただけました♪


そして、納品後ご丁寧にメールもいただきました。


「この度はありがとうございました。思い出がいっぱい詰まったちゃぶ台、これから大切に使おうと思います。
今はテーブルクロスをかけて、丸い形を楽しんでます。
そのうちクロスは外して、キズごと木目を味わって使います。
本当にありがとうございました。」



お客様の家具を大切にされる気持ちに触れて、心がじんわりと温かくなりました。こちらこそ、思い出の家具のリメイクをルーツファクトリーにおまかせいただきありがとうございました!



(ルーツファクトリー代表の家具作りたいおっさんとお客様で記念撮影)


ルーツファクトリーでは、お客様の思い出の家具のリメイクを承っています。


”ずっと大切にしてきた家具をこれからも使い続けたい!”そんな時はどうぞご相談ください!





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】







【お電話でのお問い合わせ】
受付時間:11:00〜18:00(月・火・木・金)

ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110




正方形テーブルを限られたスペースで使える延長板付き勉強机にリメイク



ダイニングセットを再生!長らく眠っていたテーブル&チェアをリメイク



面影を残しつつもデザイン一新!思い出のダイニングテーブルをリメイク



ご新居に合わせて!思い出のダイニングテーブルを2人用にリメイク




ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

関連記事