2018-09-14

「形が全然違うから、リメイクできない?」そう思わず、まずはRFへ


なんだか朝晩がとっても寒くなってきましたね!


こちら、大阪から発信中の在宅担当フルカワです。


子連れで楽しい「ザ・ファームユニバーサル オオサカ」に行ってきた


……さっむ。


本当、寒いくらいな今日。


服の調節がかなり苦手な私は、外の温度も確認せずに半そでくるぶし出しスタイルで出てきてしまって後悔しています……(笑)
(ちなみに気温は24℃。ムスコは薄手の半そで短パンで出かけさせられてます。可哀そうに…(笑))


突然気温が下がる季節の変わり目は体調を崩しがちですから、みなさまも前日の気温に惑わされず、その日の温度に合った服選び、そして羽織を持ち歩くなどして、風邪をひかないよう気を付けてお過ごしくださいね。


それでは、今週も「外からROOTS FACTORY」はじめましょー!!


材料は全て1つのダイニングテーブルから!?



ダイニングテーブルからリビングテーブルへとリメイクしたこの事例。


befor


bafter


一見、リメイクしたとは思えない。


「…え、新しいテーブルを買った?」


と言われてもおかしくないほどの変貌ぶり。





サイズはかなりコンパクトに、収納棚までついたデザイン性の高いリビングテーブルです。


まるで新品みたい


こんな劇的なbefore→afterが実現したのは、元々のダイニングテーブルが無垢材だったこと。


バラして塗装を剥がせば素材そのものの一枚板として生まれ変わる(若返る!?)ので、大げさに言えばサイズ範囲内の木で作れるものなら、椅子にも収納棚にも鏡にも、極端な話、六角太偉留にして床材にしたりすることだって可能なんですよね!


うわ~想像膨らみますね♪


引っ越しなどで使うことが難しくなってしまった家具を、まったく違うカタチに変えてしまって使い続ける。


そんな要望もお受けできるのはROOTS FACTORYだけかも知れません☆


材料全て元の家具から!?ダイニングテーブルから収納付きリビングテーブルに!




「木枠で囲んじゃう」リメイク技



先ほどの紹介のように、大きなサイズのものから小さなアイテムへのリメイクはお手の物!


でも実は、元のサイズよりも大きなものにリメイクすることも可能なんですね!


それを実現しちゃうのが、家具作りたいおっさん考案の…


木で囲んじゃう方法


婚礼タンスの扉をダイニングテーブルにリメイクしたいという今回のご要望は、どうやら現状の扉のサイズより、ご希望のダイニングテーブルのサイズが大きいようです。


そんな時は木枠で囲んでサイズアップ!!





彫刻が施された扉を、囲んでガラス天板を張って、見事にセンターテーブルにリメイクした事例も☆


リメイクって、もちろん素材との要相談ですが、色んな加工が可能なんですね!!


囲んじゃう方法を使えば、曲線の多いカタチのものを四角くしたり、異素材のものをはめ込めたりと、本当に幅が広がりそう!


家具作りたいおっさん……すごいっす!


「木枠で囲んじゃう方法」で府中の婚礼タンスをテーブルにリメイク!




ベビーベッドをリメイクして成長していく子どもと長く時間を過ごしてもらう



子どもがいる私にとっても、身近なキーワード「ベビーベッド」。





ROOTS FACTORYのベビーベッドリメイク事例を初めて知った時、


す、すごいいいいい!!!


と、感動したことを今でも覚えています。





白のべビーベッドからリメイクして作られたこのチェスト、可愛すぎませんか!?!?


ベッドの柵の細い柱がギュッとなって引き出しの模様となってデザインされているところがまた、なんとも秀悦…


ニクイぜ、このリメイク…!!!


そして、白いチェスト可愛すぎだよ~!!






ベビータンスとして、子ども用の洋服入れとしてつかえるので、ベビーベッドとしてつかえなくなったら、チェストに変身させるだけで、子どもの成長をずっと一緒に過ごしていけることになる。


「すぐ使わなくなったベビーベッドは、部屋の片隅に荷物を積まれて物置状態になってるよ」


なんて、あるあるなエピソードですから…


これはなんて素敵なリメイク…!!


いや、ほんとにね、「2か月で使わなくなった」と言う意見も聞いたともユリマタちゃんのブログにも書いてあったのですが、わたしは「1人目の子育てには要らなかったんじゃないかな!?」とさえ思いましたよ、ベビーベッド。(笑)


床に布団を敷くスタイルができるのなら、添い寝でずっと近くで眠れますし…♡
その方が絶対いいやん!!って、産後数日ですぐ後悔しましたもん(笑)


ベビーベッドを所有しているすべてのママに、このリメイク事例をお見せしたいくらいです!!


出産祝いのベビーベッド、捨てられない…面影残してチェストにリメイク!




ゆったり座るダイニングチェア



リメイクの紹介も多かったですが、今週は、ROOTS FACTORYの数あるオリジナル商品から1アイテムピックアップした紹介ブログで、「CALM CHAIR1」の紹介もありましたね☆





オーク材の美しい木目と、落ち着いたカラーのファブリックがなんとも“ゆったり”とした雰囲気を演出してくれているダイニングチェア。


主張しすぎないけど、存在感をしっかり持った美しいフォルムが素敵です。


なにやら、“あぐら”をかいて座るというインスピレーションから生まれたというこの椅子。
(実はわたしも、今この記事を書いてる姿はダイニングチェア(ベンチ)にあぐらですwww)


そんなテーマで生まれたからこそ、ゆったりとした座面が特徴的なカームチェア





わたしも一度座ってみたい…!(本当にあぐらをかけるくらいゆったり座面なのかな~)


ROOTS FACTORY東京店「シモキタベース」に展示されるようになったら、あなたもぜひ試してみてください☆
(そして、わたしにもレポお願いします…!!笑)


ゆったり座れるダイニングチェア「CALM」!座面W600のワイドサイズ♪




今週も「外からROOTS FACTORY」お付き合いありがとうございました!


来週もステキな家具との出会いがありますように☆



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!





furukawa icon
フルカワ

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)




敬老の日&誕生日!シモキタベース、9月17日(月)臨時オープン☆



ついに時が来たようだ…出産祝い!?実家で待たせている学習机をリメイク!



東京へ家具作りたいおっさんカミング!家具のご相談なんでもどうぞ♪



「ラインナップにないから、無理なのかな…」そんなことありません!



「長く使える家具を選ぶ」という選択。リメイクもオーダーも…



長く使いたい家具選びは、実際に目で見て触ったときの「直感」を大切に!

関連記事