2018-11-25

「あの時●●しておけばよかった…」自分が正しいと思った道を突き進め!


ども!STUDSのTAKUです★


もう11月も終わりに近づいていますね


駅前ではクリスマスっぽくなっているところも





街がクリスマスムードっぽくなると


あー
もう年末だなー



って思います


今年ももう約一か月で終わりますがみなさんやり残した事はありませんか?


ちなみに以前ブログにも書きましたが僕は毎年このくらいの時期になると来年の目標を考えます


仕事を全力で頑張るのは大切!でも周りが見えなくなってからでは遅い




今はまだぼんやりした感じでしか決まっていませんが、
来年やりたい事や挑戦したい事などの目標を決めるようにしています


ちなみに昨年末に掲げた目標は既にクリアしています★


自分でも


「俺がんばったなー」


って感じています(笑)


なので
年内の目標を早めに定めて一歩でも二歩でも年内の内に進みたいって思っています


年末はいろいろとバタバタしますが逆に来年の自分をどうしていくかって考えると楽しみでウキウキしたりもします(笑)


だから今年も年末を迎えるのが楽しみなんですよね





さてさて


今回のブログのテーマは


自分が決めた亊、自分が正しいと思っているのなら貫いてみたら?



って感じの内容を書いていきます。


まず僕は昔っから自分がやると決めた事に対しては納得行くまでやりたい派です


もちろん、そんな方はたくさんいるとは思います


ただ、僕が言いたい事は


周りから


「そんなのできるわけない」


「やめた方がよい」


等の反対ばかりだった時の場合です


みなさんならどうしますか?


例えば学生時代の頃に好きだった女の子がいました


周りからは「あの子●●だからやめたほうが良い」とか言われた事があります


まあ小学生、中学生の頃はそうやって言うやついますよね(笑)


でも僕はいくら周りから余計な情報を叩き込まれても、それが真実かどうか自分で確かめない限りは


「じゃあやめとこうかな」


って答えを出した事がありません


むしろ、


「その子もそんなところも含めて俺が好きになったんだからほっとけよ」


って考えでした


その情報をくれたのが先輩だろうが、親友だろうが誰だろうと変わりませんでしたね





この場合だと僕なら


好きになったんだから仕方なくない?


ってなります


僕から言わせれば周りからちょっと言われたくらいでその子を好きじゃなくなるなんて、そんなの本気の恋じゃなくないですか?


って思ってましたね


だから自分がやりたい事もそうです


反対されようが、絶対失敗すると言われたとしても僕はやります


それに対する僕なりの理由は


もし自分がやりたい亊を反対され違う道に進むとします、
その意見をくれた人の言う通りにやって成功したとしましょう


成功すればもちろん


「やって良かった」


「あの人からの意見を聞いて良かった」


って思えるかもしれませんよね





しかし、月日が過ぎた頃にこう思うかもしれません


「成功したはしたけど、もしあの時に周りからの忠告を無視して俺がやりたかった事をやっていたらどうなっていたんだろう?」


って思うような気がします


というか僕なら思います


そう思った時に果たして昔やりたかった事がやれるでしょうか?


やれればあの頃の気持ちを取り戻せるかもしれませんね


でも、そんなに簡単ではないはずです


僕から言わせればそれは


後悔です





ちなみに周りからの忠告を無視して自分がやりたかった事をやって失敗したとします


「あの人からの忠告をちゃんと聞いておけば良かったな。。。」


って思う人と、


「自分で選んだんだ!後悔はない!またやり直せば良い」


って思う人がいるはずです


みなさんはどちらだと思いますか?


僕は完全に後者です


自分で選んだ道でもし失敗したとしてもやって失敗したのなら納得ができます


でも


やらない後悔、


あの時やっておけばよかった後悔


これはもう取り戻す亊はできません


時間は戻せません


情熱は強い時に放出させるべきだと僕は思っています





また学生時代の恋愛経験に戻すと


高校時代にすごく気になっている子がいました


でも告白しようかどうか迷っていた時がありました


しばらくするとその子は別の男と付き合っていました


僕は後悔しましたね


あの時ちゃんと告白しておけば良かったって


告白してフラれたのなら納得できるし、後悔はしません


もちろんショックだけど、自分に望みがないってわかれば諦めて次の恋に移行できます


でも何も行動しない内に別の男と付き合っている姿を見るのがとても辛かったですね(笑)


書いていてあの頃の自分をすごく思い出しました(笑)


当たって砕けろじゃありませんが、もし当たって砕けたとしても納得できるんですよね


みんながみんなそうじゃないとは思いますが僕はそうです


人生に後悔はつきものですが、
できるだけ少ない方が良いじゃないですか!


あの時やっておけばよかったと


いう類の後悔は二度と取り返せません


だから僕は常に自分が選んだ道を貫いています


今ふと考えてみると、普通に失敗した亊もありますし、周りから忠告された通りになった失敗の経験もあります


でも、不思議と後悔はなかったですね


失敗から学んだ経験を次に生かせれば良い


って考え方ができたからです


だから僕はSNS等で迷っている人をみると


「とりあえず挑戦しましょうよ」





って声をかける事や相談に乗る事もあります


もし
壁が高すぎて、どうせ失敗するのだととした


やって失敗の方が気持ち良いですよ(笑)


そう思います


僕はこれまでそうな考え方で39年間生きてきました


今の自分が成功しているかどうかはわかりませんが少なくとも後悔はありません


それは自分で選んだ道を歩んできたからです





僕の道を否定され、


他人から勧められた道を選んだことなんて一度もありません


はい!


簡単に言えば僕はこういう面においては完全に頑固です(笑)


でも、別にこの頑固さで他人に迷惑をかけているわけじゃないのでよくないですか?


この頑固さは良くも悪くとも全て自分に返ってくるので


とにかく僕は


「あの時●●しておけばよかった。。。」


という後悔だけはしたくないので


これからも自分の意志を貫いていきたいと思います


それが自分らしく自分の人生を楽しめるって信じてるからです





まだまだ人生楽しみますよ!(^^)


では今回はこの辺で失礼します★


いつも読んでいただきありがとうございます☆


また来週日曜日もお楽しみに!





TAKUHIRO DAKE
STUDS
TAKU

暮らしを楽しむ達人のブログ バナー



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

『気持ちと若さはリンクする』~年齢を言い訳にしない生き方~



今の自分が、これまで生きてきた中で「一番好きな自分」であるために。



「この人苦手…」と思った時、どうする?ストレスを感じないように生きるには



どんな場面でも役に立つ!並大抵のことでは折れない根拠のない自信



人生に悩んだ時…”答え”が見つかる故郷。気持ちがリセットできる場所



周りに「やめとけ」と言われたら?人生を後悔しないためには



ひょんな出会いから続くこと。「やってみたい!」に素直になる

関連記事