複数ご依頼のリメイクを一気にご紹介9/19~9/24ダイジェスト


こんにちは!東京ベースのオーニシです。


ここ数日で東京はぐっと秋めいてきました。金木犀の香りがするようになるといっそう「秋になったんだなあ」という感じがします。


ご近所の金木犀


洗濯物を干しにベランダに出て、朝の爽やかな空気の中にほんのりと金木犀の香りを感じとるとなんだか嬉しくなります。


さて、今回のダイジェストでは9/19~9/24の間にアップされたブログを振り返るのですが、なんと今回登場するオーダーリメイクの事例はすべて同じお客様からご依頼いただいたもの。


複数の家具のリメイクを同時にご依頼いただくことは決して珍しくはないのですが、同じ週に一気にご紹介できる機会というのはなかなかないかもしれません。どんなオーダーリメイクなのか、さっそく見ていきたいと思います!

洋服タンスの扉を活かしてハンガーラックにリメイク


北海道から東京へお引っ越しされるにあたって、家具をリメイクしたいというご相談をいただきました。リメイク元となった家具は5つ。まずはお引っ越しの度に搬入に苦労されているという立派な婚礼洋服タンスのリメイクからご紹介します。


「洋服タンスは高さがあって引っ越し先に搬入できなさそうなので、ハンガーラックにリメイクしたい」とのご希望でした。ルーツファクトリーの製作事例をご覧になって「こんなタイプにできたらいいな」と思って下さったのだそうです。ありがとうございます!

Blog:婚礼タンスをハンガーラックにリメイク!圧迫感ないオープンタイプに


婚礼家具の洋服タンス2棹からリメイクしたハンガーラック2台

北海道から東京にお引越しするというお客様からご相談いただき、婚礼タンス2棹をオープンタイプのハンガーラック2台にリメイクしました。お引っ越しの度に搬入に苦労していたという家具がコンパクトに♪


コンパクトになったので、マンションのエレベーターでも楽々搬入ができたとのこと。もしまたお引っ越しされることになっても安心ですね(^^)v


タンスの顔ともいえる扉を側板に活かしているので、他の婚礼家具との統一感はそのまま。オープンタイプなのでお部屋の空間をゆったりと見せてくれる効果もありそうです。

ダイニングセットとセンターテーブルの色味を統一&レストアも


続いてはリビングダイニングでお使いになるダイニングセットとセンターテーブルのリメイクについてです。


テーブルとチェア、そして同じ空間に置くセンターテーブル、これらの色味が微妙に違うことがずっと気になっていたとのことで、「違和感がないように同系色にしたい」とご依頼いただきました。

Blog:ダイニングセットをレストア&色替え!色味を揃えてチグハグ感を解消


お色味が揃うようにリメイクしたダイニングセット

色味の異なるダイニングテーブル&チェアを、統一感が出るように塗装し直しました。細かな傷などを直して磨き上げた上でライトブラウンに再塗装。椅子は座面の張り替え・フレームの組み直しも行いました。


赤みがかったブラウンだったダイニングテーブル、そして黄味がかったライトブラウンだったダイニングチェアが同じ色味になりました!色が統一されるとなんというかすっきりしたまとまり感が出るものですね。ガタつきなどがあったチェアのフレームもしっかりとお直ししました。


センターテーブルの方も、同様に元の塗装を磨き落として再塗装しました。といってもただ同じ色の塗料を使えばいいというものではありません。木が元々持つ素地の色や、色の吸い込み方なども考慮しなければならないのです。

Blog:センターテーブルをレストア&色替え!濃茶色からライトブラウンに♪


ダイニングセットと色味を合わせて明るくした艶やかな塗装

小傷が付いたり脚にヒビ割れがあったセンターテーブルをレストアしました。同じ空間で使われるダイニングセットに合わせ、お色味も濃茶色からライトブラウンに。統一感が出てお部屋がスッキリした印象に♪


塗装前に念入りに様々な下準備をして作業にあたり、ご覧の通りこちらもしっかりと同系色に仕上がりました!再塗装と同時に、傷やひび割れなどの補修もしています。


ダイニングセットもセンターテーブルも、ぜひそれぞれのブログ本編で元の家具の色味とくらべてみてください。元がこんなに違うのに、ここまで同じ色味にできるんだ!とびっくりすること請け合いです。

食器棚を脚付きのサイドボードにリメイク


お次は同じくリビングダイニングに置かれるという家具のリメイクをもう1点。大きな食器棚のリメイクです。当初お客様はこの食器棚は手放すおつもりだったそうなのですが、他の家具のリメイクのお打ち合わせをするうちに、これもリメイクできないだろうかとお考えになったとのこと。


上部のガラス戸収納の部分を外し、下部を活かしてサイドボードにリメイクすることになりました。

Blog:食器棚の下部を活かしリメイク!周りの家具と調和するサイドボードに


食器棚からリメイクしたH750のサイドボード

食器棚の下部を活かして、腰高窓の下に収まるサイズのサイドボードにリメイクしました。リメイクしてライトブラウンとなった周りの家具と調和するよう、天板や脚フレームに明るい色の材を取り入れました。


食器棚だった本体部分は濃いブラウンのままですが、明るい色味の天板と脚フレームで囲むようにすることで他の家具との統一感が生まれました。全体を再塗装しなくても、こういう方法もあるのですね!


リメイクした3つの家具をセッティングさせていただいたリビングダイニングはこのようになりました。


家具の色味を揃えたことでトータルコーディネートもばっちりの家具たち


ダイニングセットもセンターテーブルもサイドボードも、最初からトータルでコーディネートされていたかのようですね!お客様にも「希望通りです」ととても喜んでいただけたそうで、ルーツファクトリーとしても嬉しいです!

座卓の脚を分解式から折り畳み式にリメイク


ラストは座卓のリメイクです。普段は物置にしまっていて、使うときだけ出してくるというこちらの座卓。収納時に簡単にコンパクトにできるように、脚を折り畳み式にしたいとご希望いただきました。

Blog:座卓の脚を折り畳み式にリメイク!使わない時は楽に収納できるように


脚を折り畳み式にリメイクした座卓

普段使わずしまっておくことが多いという座卓を、楽にコンパクトに収納できるように脚を分解式から折り畳み式にリメイクしました。脚に金物を仕込んで新規製作し、ワンタッチで折り畳めるようにしました。


脚は先に向かってなだらかに細くなるデザインで、厚みを抑えてあるので畳んだときにも邪魔になりません。もちろん畳むのも組み立てるのもワンタッチで簡単♪出し入れが大変だと、それだけでいろいろ億劫になってしまいますもんね。お困りごとが解決できてよかったです!


さて、こちらのお客様は北海道にお住まいだったのですが、家具作りたいおっさん(ルーツファクトリー代表)が直接出向いてお打ち合わせをしました。それも真冬の大雪のときだったそうですが……


大雪だった北海道札幌


大雪の中でもめちゃくちゃエンジョイしてきて「また北海道行きたい!」と連呼しておりましたので、北海道の皆さま、遠方だからと遠慮なさらずに家具のご相談はどんどんお寄せくださいね!

タニヨンベースで新企画が始動!?


淡路島工房のオニオンベースや東京店シモキタベースのお話はちょいちょいお目にかけていますが、一方でこのところやや鳴りを潜めていた感のある大阪本社・タニヨンベース。が、新人トミーの加入とともに、新たな計画が動き出しているようです!

Blog:タニヨンベースのオープン企画に任命されました!新人トミーです!!


公園散歩

はじめまして!ルーツファクトリー新人のトミーです!現在はまだ大学に通いながら、アルバイトとしてお手伝いさせてもらっています!初めての任務は、大阪の店舗タニヨンベースのオープン企画!


何やら楽しそうなパーティーが開かれる模様、そしてイベントオリジナルのモンペスツールも限定販売されるとか。今後のトミーからの情報発信をどうぞお見逃しなく!

今回も盛りだくさん「日本全国各地より」


タニヨンベースの企画も気になりますが、全国各地にいる各拠点スタッフからも気になるブログが続々と届いています。


札幌ベース『みずの』はちょっと珍しいところへお出かけしてきたそうです。

Blog:企業が作る公園!?ルーツファクトリーならこんな空間も作れるかも!


園内にあるガーデン

はじめての企業公園には驚きのしかけが!もしルーツファクトリーが遊び場をつくるなら、こんなものを置いてほしいと妄想♪これまでの技術を生かして、子どもも大人も集える最高の空間をつくってほしい!!


企業がやっている公園だから「企業公園」というのですね。初めて知りました(ひとつ賢くなった!)まだあまり馴染みがない感じですが、そういえばオーニシは長野県にある「かんてんぱぱガーデン」に行ったことがありました。あれも企業公園のひとつだったのですね。


ルーツファクトリーが公園をつくるならやっぱり工房のある淡路島かな?いや、いっそ各拠点ごと日本各地につくってほしい!


大阪ベース『ひろみ』からは京都のトロッコ列車に乗ってきた話、そして「目からウロコ!」の家具リメイクをご紹介。

Blog:これはイイ!クローゼットに付いているアレもメイクしちゃいましょ♪




洋タンスについている鏡部分を姿見に変身させたリメイク事例をご紹介。「そっかその手があったか!」と目からウロコ系のリメイクです!ルーツファクトリーでは洋タンスについている鏡部分を姿見にリメイクされるお客様が多いんです。


夏の京都は暑いとはいいますが、緑の中、川の近くを走るトロッコ列車は気持ちよさそうです!


そしてタンスの鏡って大きくてすごく便利なんですよね。「鏡を活かしたい」というご相談が多いのもうなずけます。


音楽フェスへ参戦するため遠出をした名古屋ベース『にっしー』は、家具作りたいおっさんの移動距離のことを連想したようです。

Blog:フェスのために長距離移動!ROOTS FACTORYも各地へと移動


BMSGフェス

富士急ハイランドで開催された「BMSGフェス」に行くために車で約四時間の移動。全国各地へ家具のお届けをしている家具作りたいおっさんはいつもこんな風にたくさん移動してるんだなぁ、と感じました。


少しずつですが、音楽フェスなどのイベントも楽しめる日々が戻ってきてますよね。にっしー、筋肉痛が出るのが翌日なうちはまだ大丈夫だから!(笑)


北海道のお客様のお話のところでも書きましたが、家具作りたいおっさんはガチで全国各地に行くのを楽しみにしていますので、日本中からお問い合わせをいただくのをお待ちしています。

来週のブログもお楽しみに♪


以上、1週間分のブログを振り返りました。


タニヨンベースの新企画、めちゃめちゃ気になりますねー。


大阪のタニヨンベース before


続報を楽しみにお待ちくださいね!それではまた次の日曜日に。






ルーツファクトリー 東京ベース
オーニシ

お問い合わせ&メッセージはコチラ

よくあるご質問のバナー 【よくあるご質問】はコチラ
家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。

【メールフォーム】

お問い合わせ内容









【お電話でのお問い合わせ】

受付時間:月〜金(平日)10:00〜15:00 
電話番号:0120-6002-39(フリーダイヤル通話料無料)



関連記事