リメイクもオーダーも盛りだくさん!6/13~6/18ダイジェスト


こんにちは。近頃とある理由で耳鼻科に通っているシモキタベーススタッフ・オーニシです。


生まれて初めて「点鼻薬」というものを処方されたのですが、朝晩の一日2回、使うたびに苦労しています。そういや目薬さすのも下手くそだったわ私……(^_^;)


鼻の穴ギリギリまで近づけているのに(汚さないよう穴の中には入れない)なぜか横っちょに垂れるのはしょっちゅう。上を向いてしっかり奥まで流れ込んだのを確認したはずなのに、前に向き直ったら中から流れ出す、なんてことも。


生まれて初めて使う点鼻薬


もう半月ぐらい使っているのに一向に上手くなる気配がありません。ネットでコツを調べたりしつつ、「いや~、何歳になってもまだまだ学ぶことってあるもんだなあ」と思うことしきり。


こうして毎週ダイジェストでご紹介している家具のリメイクやオーダーメイドの事例も、「えっ、こんな方法があるんだ!?」とか「その手があったのかーーー!」とか、毎回新たな発見の連続です。


今回も「なるほどそうきたか!」という事例がいっぱいのダイジェスト、さっそくご覧ください!

リピートで家具リメイクとオーダーメイドのご依頼♡


以前洋服タンスのリメイクをご依頼下さったお客様から、新たに和タンスのリメイクとオーダーメイドのチェスト製作をご依頼いただきました。


まずはリメイクから。和タンスを上下に分割してそれぞれに使えるようにしました。

Blog:婚礼タンスをリメイク!着物収納とチェストを別々の場所で使えるよう


お客様の寝室の腰高窓の下に設置したリメイクチェスト

以前婚礼家具の洋服タンスをリメイクさせていただいたお客様からリピートで和タンスのリメイクをご依頼いただきました。下部の引き出し部分を活かし腰高窓の下に置ける高さのチェストにリメイクしました。


上部は元々のお着物収納盆を活かして本体を新たに製作しました。移動に便利なキャスター付きです。


和タンス上部の衣装盆を活かしてリメイクしたお着物収納


そして下部からリメイクしたチェストと並べて置けるような、もう少し背の高いチェストが欲しい、とオーダーいただいたのがこちらになります。

Blog:オーダーチェストを納品♪アクセントラインやターンドレッグがお洒落


寝室に納品させていただいたオーダーメイドチェスト

オーダーメイドチェストを製作させていただきました。オークを主材として引き出し前板にウォールナットでアクセントラインを。脚には可愛らしくもスッキリとした印象になるターンドレッグを採用しました。


丸みを帯びたラインが優しいターンドレッグは、脚自体が曲線を描く猫脚ともまた違った味わいがありますね。


脚下80mmの空間を確保したターンドレッグ


ターンドレッグも猫脚も、製作内容に合わせて毎回形やサイズを新たに決めるため、かなりの手間がかかっています。その甲斐あってかお客様からは


「オーダーした家具は上等だから、いつか私がいなくなってもアンティークとして時を超えて生き続けるのでは」


というこの上なく嬉しいお言葉をいただきました。素敵なリメイク&オーダーのご依頼ありがとうございました!

大きな学習机をコンパクトにリメイク


ご両親に買ってもらってずっと大事にしてきたという学習机をリメイクさせていただきました。

Blog:学習机を面影いっぱいリメイク!ワゴンや上置き棚のパーツも活かし…


リメイクして良かったと言っていただけた学習机のリメイク

20年以上前からお客様が大切にされてきた学習机をコンパクトなデスクと小引き出しにリメイクさせていただきました。元の面影がたっぷり残るようそれぞれのパーツのデザインを活かしてリメイクしました。


このリメイクで特筆すべきは、なんといっても上置き棚の側板を利用した脚フレームではないでしょうか。


上置き棚の側板パネルを活かして作った脚フレーム


特徴的な形のパーツを活かしたことで、元の学習机の面影がしっかりと伝わってきます。まさに「こんな使い方ができるんだ!」と目から鱗のアイディアです。


お客様にも「以前の形をたくさん残してくださり嬉しかったです」と喜んでいただけました!

可愛いビスケット型テーブルをオーダーメイド


これぞオーダーメイド!という他にはないテーブルの製作をご依頼いただきました。なんと天板のデザインがビスケットのかたちになっているのです!

Blog:まるであま〜い香りが漂う…ビスケット型テーブルをオーダーメイド!


お客様にデザインをご指定いただき製作したビスケット型のセンターテーブル

オーダーメイドでビスケット型センターテーブルを製作させていただきました。お客様とデザインやサイズなど綿密にお打ち合わせし、まるでビスケットの甘い香りが漂ってきそうな可愛らしいテーブルが完成!


天板全体の色や「BISCUIT」の文字、縁の加工など、あらゆる部分にこだわりが詰まっています。家具に対する感想では普通出てこない「美味しそう!」という言葉が真っ先に頭に浮かぶ出来ばえです。


綿密なお打ち合わせの末、完成したビスケット型テーブル


このクリームがサンドされた様子とか、パッと見たら一瞬本物かと思うほどですよね!


お客様はいろいろな家具屋さんを調べてご検討なさったとのことでしたが「ルーツファクトリー様にお願いして正解でした!」と言って下さいました。ご期待に沿うことができてルーツファクトリーとしてもとても嬉しいです!

円形座卓をダイニングテーブルにリメイク


元々はダイニングテーブルだったものを旦那様がDIYで座卓にされたという円形座卓、このままでは使い勝手が悪くて……とリメイクのご相談をいただきました。


当初は天板を利用したスツールにすることをご検討されていたというお客様。しかし、お打ち合わせで詳しくお話を伺ううちに「再びテーブルとして使う方が良いのでは」ということになり、ダイニングテーブルへのリメイクが決まりました。

Blog:旦那様DIYの思い出の座卓をリメイク。天板活かしダイニング仕様に


お客様ご家族にとって思い出のテーブルをリメイク

亡くなった旦那様がDIYされたという思い出のテーブルをリメイクさせていただきました。ご家族で毎日囲んでお食事をされた座卓とのことで、天板をそのまま活かして椅子と合わせて使えるようにしました。


天板はまさに「そのまま」、表面はまったく触らず思い出の傷あとなどそっくり残しています。


座卓からリメイクした1本脚のダイニングテーブル


普段はお2人、最大では5人でお使いになるとのことでしたので、脚はバランスよく囲むのに邪魔にならない中央1本脚スタイルに。アジャスター付きで安定感もバッチリです。


お客様の大切な思い出をお聞きすることで生まれたこちらのリメイク。大事な家具を残したいけれど何にしたらよいかわからない、という時でもまずはご相談いただければお話を伺って方向性を決めることもできます。迷っている方も遠慮なくお問い合わせくださいね。

ますます好調「日本全国各地より」


この前の週から週4回更新になった「日本全国各地より」。今回も各拠点メンバーらしく「家具を楽しむ」ブログが集まりました。


まずは自ら「本棚ジプシー」と名乗る大阪ベース『ひろみ』。

Blog:本棚ジプシーの憧れ☆戦前から引き継がれる家具のリメイク&リペア☆


本棚ビフォーアフター

爆弾の破片で穴が開いた、戦前から引き継がれてきた本棚にリメイクとリペアを施しました。年月を感じさせる風合いを損ねないように、新しく生まれ変わらせました。


この「爆弾本棚」は私もすごく印象に残っているリメイクのひとつです。本棚があるお家の中まで爆弾の破片が飛び込んできたということは、一つ間違えば本棚に穴が開くどころではすまなかったかもしれない事態ですよね。


その穴をアイデンティティとして大切にしてこられたご家族、その思いに寄り添ってリメイクとリペアを施したこちらの本棚のお話、ひろみのブログ内リンクからぜひそちらもご覧くださいね。


美術館にお出かけした札幌ベース『みずの』は、名画修復に家具リメイクを重ねて思いを巡らせています。

Blog:美術館でフェルメール鑑賞♪代わりのないものを修復する技術に圧巻!


フェルメール展のチケット

美術館でフェルメール鑑賞♪絵画を修復する職人技を見て、家具の修復も同じだなぁと実感。絵画も家具も、その人にとってはお金に代えられない価値あるもの。任される職人の責任と心意気に拍手を送りたい!


かけがえのない家具のリメイクをおまかせいただくことの重大さを改めて思い出させてもらいました。そういえば以前、壁画を似ても似つかない姿に修復してしまった、なんて事件があったけどあの絵はその後どうなったんだろう?


名古屋ベース『にっしー』からは、家具を白く塗装するリメイクのご紹介♪

Blog:塗装で白くリメイク♪部屋に合わせて雰囲気だけ変えたい時にオススメ


ホワイトを基調とした部屋

好きな曲のMVに映ったホワイトを基調としたお部屋も素敵だと思い、リメイクで家具がホワイトにできるのかをまとめました。お部屋の雰囲気に合わなくても、塗装することで雰囲気に合った家具になる事例をご紹介。


色を変えるリメイクの中でも、白は特に凛とした佇まいになりますね。アイキャッチ画像のように全体真っ白なのも素敵だし、アクセントとして一点置くのもお部屋がキリっと引き締まった印象になるし、他の色と合わせやすいのも白の利点ですね。


東京ベース『OMISO』は自らのルーツを振り返りつつ、遊び心あふれるオリジナル家具について語ります。

Blog:おじいちゃんとお母さんに感謝♪遊び心で世界がHAPPYになる!?


幼少期2

真夏日到来!!!みなさん熱中症には気を付けつつ夏を楽しみましょう♪♪今回は私の幼少期の思い出について語っちゃおうと思いますゲームとかYouTubeなどコンテンツが充実していなかった子供時代!


遊び心を忘れない、って「暮らしを楽しむ」ためにも大事なことですね!


毎回各スタッフの視点が楽しい「日本全国各地より」今後もどうぞよろしくお願いします!

来週のブログもお楽しみに♪


以上、1週間分のブログをダイジェストでお届けしました。


次の更新までにもっと点鼻薬入れるの上手くなれるだろうか……がんばります(>_<)


それではまた来週!






ルーツファクトリー 東京店シモキタベース
オーニシ

お問い合わせ&メッセージはコチラ

よくあるご質問のバナー 【よくあるご質問】はコチラ
家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。

【メールフォーム】

お問い合わせ内容








【お電話でのお問い合わせ】

受付時間:月〜金(平日)10:00〜15:00 
電話番号:0120-6002-39(フリーダイヤル通話料無料)


関連記事