2018-06-01

レジはどこ!?お店なのにレジがわからないからサインボードをつけてみた!


何かが足りない。


ROOTS FACTORYの新店舗『シモキタベース』。何かが、足りない。


築41年の木造アパートをリノベーションして看板商品『モンペスツール』を並べて、






オシャレ窓枠『MADO HACK』で窓辺を華やかにして、






『FACTONIA』シリーズを中心としたインダストリアルでクールな空間もつくって・・・






なかなかイイ感じのはずなのに


お店として、何かが足りない・・・。


あ、トイレがないこと、それも一つ”足りない要素”ということは重々承知しております。





でも、それ以外にも何か・・・


そもそもお店って何のためにあるんだっけ。


新感覚の座り心地『モンペスツール』を見てもらって触ってもらって座ってもらって、そう、体感してほしい。





『デルタスツール』のカラフルな座面から、心が弾む、好きな色を見つけてほしい。






ひとつひとつ木目のちがうカッティングボード『六角太郎』を手にとって、お気に入りの子を見つけてほしい。






そして



買ってほしい(● ˃̶͈̀▽˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾



・・・・ん?ちょっと待てよ?





あれ???





およ?????






あーーーっっっ!!



レジカウンター!!!







レジカウンターがどこかわかんない!!どこでお会計するかわかんない!!


物足りなさはこれだったかー!なんちゅうこった!こりゃあ大問題!


さっそく「レジカウンターはココですよ!」というサインボードを作ることにしました。



いざ!ユリマタタの情熱の一筆!!






・・・・・あれ?なんかダサい?w


他のROOTS FACTORYスタッフに相談してみたところ、「いかついな」「ごついな」ってことで即却下w気持ちを切り替えて、印刷したフォントをなぞることにしました。





最初このフォントのサイズで印刷したんですけど・・・ちょっとこじんまりしすぎ!


もう少し大きく印刷してみました。





そしたら、今度は大きすぎ!笑


なかなかサイズ調整が難しい!もう一度サイズを変えてみて印刷!





うんうん、イイ感じ♪


「CASH」全部の文字を切り抜いて、並べてみました。





よし、このサイズでいきましょう!


というわけで、さっそく文字の周りをなぞり、色を塗っていくことに。


色を塗るのに使ったのは、こちらです!





先日、ボンドを塗るのにも活躍した平バケ!今回も活躍してもらいました☆


下書きの枠からはみ出さないように、ムラにならないように、慎重にサササっと塗っていきました。


もちろんその様子もご紹介したいんですけど・・・



写真撮り忘れました。 



わちゃー!やってもーたー!


というわけで、いきなり完成しちゃいます。



じゃんっ






いえーい!どうですかー!なかなか可愛いのではないでしょうかー!ちなみに塗料は、カンペハピオさんのアレスアーチ『アーチエメラルド』色を使いました♪


そして、このサインボードをさっそく天井から吊るすことに。


どうやって取り付けたかというと・・・





このように、「羽子板ボルト」と「寸切りボルト」を「長ナット」でつなげて、天井から吊るしました♪





実はこの「羽子板ボルト」&「寸切りボルト」&「長ナット」、このサインボードを吊るす他にも、照明レールを吊るすのにも使ってます。


ボルトを締めたり緩めたりすれば、高さをある程度調整できるからとっても便利!





さて、そんなこんなで、無事にシモキタベースのレジがどこにあるかわかるようになりました!





いやぁ、一気にお店っぽくなりましたw


サインひとつで雰囲気が締まりますね〜!


さて、一つ改善したらなんだかもっと色々できる気がしてきました♪シモキタベース、これからもより良いお店にするべくがんばりまーっす☆





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ


「MONPE STOOL」について詳しくはこちら(オンラインショップへ移動します)

関連記事