2019-06-02

「ライブって楽しい!!」ラストのステージで感じた一番の初心


こちらの記事は、ルーツファクトリー特派員に任命された”暮らしを楽しむ達人”によるブログです。ルーツファクトリーのテーマでもある「暮らしを楽しむ」を題材に、個性あふれる特派員たちが自由なトピックを展開!本日の担当は、登戸発PUNKバンド「STUDS」のVo/Bass、TAKU特派員!メンバーの一人が亡くなって、先日最後のライブを迎え思うことは・・・




ども!STUDSのTAKUです!


先日5月26日(日)は高円寺ROOTSでSTUDSのライブでした!


メンバーのARATAが他界した4月4日の時点で決まっていたライブの最後が5/26に高円ROOTSだったので、主催側には申し訳なかったんですがこの日を最後のライブと決めました


この日は主催側のご厚意によりSTUDSがトリを行う事になりました


とにかくこの日を区切りにしようと思いARATAが他界してから約二か月、前を向いて歩みました





その期間中も、仲間のバンドの協力もありライブを行う事ができました





また、たくさんの方から


「まだ続けた方が良いよ」


等の言葉をたくさんいただきました





正直なところ、みんなからの言葉で少しずつ気持ちは前向きにはなったものの


「やっぱりまだライブ続けます!」


って言えるところまでは到達しませんでした





それくらいARATAの死は大きかったんですよね





ただ、いつかARATAと同じくらい「一緒にやりたい」って思えるようなメンバーと出会えた際は、もしかしたらライブをやる事になるかもしれません


その時はまたお知らせしますが、現状はまだ何とも言えません


とりあえず今はゆっくりARATAの遺作となる音源を制作するために力を注ぎます





さてさて


話は戻りまして、26日のライブの事を


その前に、10年ほど前に閉店したんですが、渋谷にGIG-ANTICってライブハウスがありました


当時STUDSはそのGIG-ANTICを都内のホームのライブハウスとしてやらせてもらっていました


そのGIG-ANTICのスタッフさんが高円寺ROOTSで働きだしたのもあって高円寺ROOTSでライブをやるようになりました


今回ROOTSでラストのライブをやる事になったのももしかしたら何かの縁かもしれませんね





この日は本当にたくさんの方が足を運んでくれました


北は北海道、南は沖縄から





たくさんの方が来てくれました(^^)


本当にありがたい限りです


この日はSTUDS結成時のメンバーであるベースのGAKUを迎えてのライブとなりました





ARATAが加入する前のスタイルです!


僕は10年ぶりにギターボーカルとしてライブをやりました





とにかく、ライブをやる前からフロアからの声援と熱気が半端なくて


この時点からとてもうれしくなりました!


10年以上ぶりに見る顔もチラホラ見え本当にうれしく思いました


ライブがスタートすると


みんなのテンションも凄くて





毎週のように全国を飛び回っていた頃の自分を思い出したりもしました


ライブ前は、ギターは落ち着いて弾こうって思っていましたが無理でした(笑)


もう二曲目くらいからテンションが上がりすぎまして楽しくなってしまいましたね





でも、これで良かったって思いました


フロアのみんなに負けてたまるかー!!


って思いましたからね(笑)


僕のギターの演奏的には40点でしたが(笑)


本気で全力で楽しめました!


ギターにも歌にも気持ちを込めてプレイしました!





ライブは上手いとか下手とか関係なしにフロアへの伝え方はバンドによってはそれぞれだと思っています


STUDSらしいライブはやれたって思っています





セットリストはこちら


1.DREAM
2.PROMISE
3.ONE BY ONE
4.JUST LET ME BE
5.THE LAST WORDS
6.ROLLER COASTER
7.LAST SEVEN DAYS
8.PUNK RAWK SHOW(MXPX)
9.COME WITH ME


ライブ後フロアにいた仲間のバンドマンに言われました



「COME WITH MEの時、TAKUさんの横にARATAさんが見えた」



嬉しい反面、聞いた時はゾクっとしました(笑)


そりゃそうでしょー


もし、やつがいたとしたらそれは今や霊ですからね(笑)


でも、きっと見に来てくれたのは間違いないって思っています


フロアのみんなの楽しんでいる姿を見てきっと喜んでいたと思います





ARATAのギターはずっとステージに置いてありましたからね(笑)


ライブ後に


「ARATAさんのギター触らせてください」


って言ってくれたバンドマンもいました


嬉しかったですね





今までたくさんライブをやってきましたが、この2019年5月26日のライブはきっと忘れる事のないライブになりました


関わってくれたみんなには本当に感謝しています





今後のSTUDSですがARATAが残していったレコーディング途中の曲の歌録り、またARATAと一緒に作っていた曲を仕上げて、ARATAの遺作となるCDを作りたいと思います


年内を目標に仕上げてみなさんに届ける事ができたらと思います


期待しててくださいね





あと一つみなさんに伝えておきますが


「STUDS解散します!」


なんて


これまでに僕は一言も言ってませんからね!(笑)


ライブをやる事だけがバンドではありませんから


とりあえず今はレコーディングをしっかり終わらせてから今後の事を考えます





その中で「ライブやりたいな」って気持ちになった際はライブに向けての準備もするかもしれませんね


でも、その時に必要なのはメンバーです


僕は今回みたいに毎回ヘルプで回すつもりはありません


ギターでもベースでも構わないので正式なメンバーがいない限りはライブを行うつもりはありません


ちなみに、僕はSTUDSでギターボーカルも、ベースボーカルも務めましたが


どちらもありだなって思います(笑)





この先もし「ギターとしてSTUDSに入りたい」って人が現れたら僕はベースボーカルだろうし、「ベースとしてSTUDSに入りたい」って人がいれば僕はギターボーカルですね


僕は今回のライブを経て、どちらもありだなって思ってしまいましたから(笑)


あと改めて思った事は



バンドって楽しいな!


ライブって楽しいな!



って事


今回のライブで、一番の初心を取り戻せたような気がしました


フロアで全力で楽しんでるみんなを見て感じました!


この先STUDSとしてステージに上がれるかどうかは現状は不明確ではありますが、どんな形でもバンドだけは続けていきたいなって思いました





やりたい事は続けてナンボですからね


バンドがやりたくて大学出てからずっと就職せずにバンドに全てを費やしました


それくらい大好きだったものを生活の中から消そうなんて思いません


もし、周りの誰かから「もう良い歳なんだからやめなよ」なんて言われたとしても関係ないですね


僕の中で、自分以外が原因でやりたい事をやめるなんてありえないって思っていますから





少しでもやりたい気持ちがある限りはやります


僕は曲作りも好きだし、ライブと同じくらいレコーディングも好きなので、頑張って良い作品を作りたいと思います!



ただ、ライブに関しては現状はやれません


でも、可能性は低いかもしれませんがいつかまたライブハウスに戻ってこれたらとは思っています


その時はまたweb siteや各SNSでアナウンスさせていただきます





ちなみにライブがやれない事で一番の問題は現場でCDの販売ができないって事


過去のCDの在庫もたくさんありますからね(笑)


バンドをやってる中で、ライブハウスという現場でCDを手に取ってもらう事が一番の嬉しさだったので、それができない事が今一番やりきれない思いです


なので!


各CDショップ以外にもこちらからSTUDSのCDがゲットできます


良かったら是非チェックしてくださいね


では最後に


5/26のライブに来てくれたみなさん!


関わってくれたみなさん!


本当にありがとうございました!!





あの日のライブをやってなかったら、もしかしたらリアルに解散してたかもしれませんね


みんなから改めてバンド、ライブの楽しさを思い出させてくれました!


本当に感謝しています


いつかまた、ライブハウスでみなさんに恩返しができる日が来ればと思っています


気長に待っていてくれたらと思います


よろしくお願いします





な感じで今回はこの辺で


僕のブログは次回は6/16に書きますのでよろしくですー


ではまた








TAKUHIRO DAKE
STUDS
TAKU

暮らしを楽しむ達人のブログ バナー



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

あの世で会ったらまずグーパン。大切な仲間の死から49日経ち思う事。



もし明日死んでも満足か?毎朝唱える「今日も自分らしく生きるぞ!」



人は相手の気持ちを読み取れるわけでもない。言葉で伝えるということ。

関連記事