2019-04-14

突然の出来事。かけがえのない友との別れ。現実と向き合って生きる。


こちらの記事は、ルーツファクトリー特派員に任命された”暮らしを楽しむ達人”によるブログです。ルーツファクトリーのテーマでもある「暮らしを楽しむ」を題材に、個性あふれる特派員たちが自由なトピックを展開!本日の担当は、登戸発PUNKバンド「STUDS」のVo/Bass、TAKU特派員。




STUDSのTAKUです!


先日、SNSやバンドのオフィシャルサイトではお知らせしたのでそちらの報告と内容が重複する部分はありますが、今回のブログは少し残念なお知らせになってしまう事をお許しください。


これまで約9年間、STUDSのギタリストとして一緒に活動してきたARATAが4月4日の午前に他界しました。


38歳でした。


知らせを聞いたのは4月4日のお昼すぎの事でした。


最初聞いた時は何を言っているのかぜんぜん理解ができませんでした。


しかし、事実という事を知り、愕然としました。


そのつい10日ほど前に一緒にスタジオでわいわい楽しくやっていました。





突然すぎる死を全然受け入れる事ができませんでした。


しかし、ARATAの親族の方々から話を聞いていく内に本当に真実なんだという実感に至りました。


ARATAとは実はSTUDSを一緒にやる前にも約18年前に一緒にバンドをやっていました。


僕はそのバンドから脱退してSTUDSを立ち上げました。


脱退する際にARATAからかなり引き止められた事を覚えています。



その後、ARATAもそのバンドを辞め、バンドの世界から遠ざかります。





そんな中、今から10年前にSTUDS結成時からのオリジナルメンバーのベースが脱退する事になった際に、ドラムが、


僕がベースになりギターを入れたらどうだろうか?


という案を出してきました。結成当初僕はギターボーカルでした。


その時です。



「それだ!」



と思い、その日の深夜2時とか3時とかだったかな?


ARATAに数年ぶりに電話をかけました。


深夜でしたがARATAは普通に起きていると思っていたので(笑)


電話でギターとして加入して欲しい事を話しました。





ちなみに


もしその時、ARATAが普通に家庭を持っていて、しっかりとした生活を送っていたとしたらその話はなかったのですが、加入の話の前にARATAに聞いたんです


「最近どう?何やってる?」


するとARATAはこう答えました



「スケボーにはまってます」



はい!決まった


と思いました(笑)





その後STUDSに加入したわけですが、実は、その前に一度断られたんです


「やってみたいけど、今の生活が変わるのが少し怖い気がするので申し訳ない」


と。


でも電話を切った後思ったんです



「ん?今やりたいって言ったよな」






そして切ってからすぐにまた電話しました(笑)


その時も深夜だった気がします


「やりたい気持ちがあるならとりあえずやってみようよ!やってみてダメなら辞めてもらってもかまわないから」


という事で半ば強引にスタジオに入ったんですよね





その後スタジオに何回か入ったり、一緒に飲んだりしている内に正式に加入する事になりました。


しかし、


ARATAは以前のバンドの際にたくさんのバンドマンに迷惑をかけていたため、当時のARATAを知っているたくさんのバンドマンから「やめといた方がいい」的な事を言われました。


正直ドラムのチャン松からもARATAを入れたいって話した際に


「え?ARATAさん?大丈夫?」


と言われました(笑)


でも、僕は前のバンドを辞めた時もARATAと一緒にバンドをやりたい気持ちが強かったし、俺ならARATAとうまくやっていけると確信していたため、いろんなバンドマンからの反対を押し切り加入してもらいました。





それから約9年後、まさかこんな事になるなんて思いもしませんでした。


僕はARATAの事を誰よりも理解している自信がありましたが、それは勘違いだったようです。


今ではバンドの世界に引き戻した事を申し訳なく思っています。


でも、ARATAのおかげでSTUDSでやりたかった事は全てやれた気がします。


後悔はありません。





きっとARATAもいろいろと悩んだり、苦しんだりしたとは思いますが、バンドをやってきた事に後悔はなかったと思ってくれているはずです。





ARATAは


「ノリで」


とか


「なんとかなるっしょ」


等の言葉が多く軽いやつでした。





でも、どこか魅力があり、たくさんの人を魅了する男でした。





Twitterではかなりのやばいツイートが多く、





「これ大丈夫か?」


と何度も思いましたが


そのやばいツイートはバンドマンを中心に好かれていました(笑)


Instagramではスケボー動画を中心に公開し、たくさんの仲間が見ていました。





そして、


先日行われたARATAの葬儀にはたくさんの仲間が会いに来てくれました!





その光景を見て、僕はまるで自分の事のようにうれしく思いました。


ARATAの親族の方とは前のバンドの頃から付き合いはあり、久々にお会いしましたが


「TAKUさん今までありがとう」


と言われました。


感謝しているのは僕の方です。





僕はARATAを弟のように思い、接してきました。


今回の出来事は本当に信じれませんでしたね。


8日に行われた告別式から数日が過ぎ、ようやくARATAが本当にいなくなったんだなと実感しました。





STUDSの今後ですが、


以前から僕は言っていました


「今のメンバー以外でのSTUDSは考えられない。」


「今のメンバーが一人でも欠けたらSTUDSは終わり」


その気持ちは今でもそうです。


オフィシャルのアメブロでも書きましたが、現状決まっている四本のライブで最後にします。


突然の事で本当に申し訳ありませんが、その気持ちは今も変わってません。





ここ数日の間に「続けた方が良いよ」とたくさんの方から言われました。


でも


現状その気持ちは変わっていません。





残りのライブをやっていく内にその気持ちが変わるのかもしれませんが


正直、変わらないと思っています


残りのライブは悔いの残らないよう全力でやりたいと思います!


残り四本のライブは以下の体制で行います


よろしくお願いします


■4月19日(金)
大久保HOT SHOT
TEAM BRAIN企画
レコ発フリーライブ(ドリンク代のみ)

※こちらはサポートギターの準備が間に合わないためTAKUのアコースティックライブで対応します。

■4月28日(日)
下北沢ろくでもない夜
AGE of KID企画

※サポートギターにARATAが生前とても交流が深かったメギラヲのケンを迎えて行います

■5月19日(日)
仙台長町RIPPLE
ホリコシRIPPLE×サトケンAnswer企画

※サポートギターにARATAが生前とても交流が深かったnext(山形)のヒデキを迎えて行います

■5月26日(日)
高円寺ROOTS
TORNADO レコ発

※サポートベースに元STUDSのGAKUを迎え、STUDS結成当初の体制で行います


各イベントの詳細等はオフィシャルサイトにて


アコースティック含め四本、全力でやります!


よろしくお願いします!





しっかし、


最後の最後まで本当に人騒がせなやつでした。


今回の件で、やつは僕の彼女を泣かせました!


もし、あの世でいつか再会できるのなら会った瞬間ぶん殴りたいと思います(笑)


あと、ARATAの事を理解できていなかった事を謝りたいと思います





また、葬儀の際に知ったのですが、生前にARATAはなぜかサイズ的に履けないスニーカーを買っていました


ARATAは28cm
僕は27cm


買ったスニーカーは27㎝


来週は僕の40歳の誕生日


誕生日プレゼントとしてもらっておきました(笑)





ARATAと出会ってから18年くらいかな?


いろんな事があったけど楽しかった思い出ばかりです





本当に


ARATAとバンドがやれて良かった


誰が何と言おうと僕にとって最高のギタリストでした





ARATAが加入してくれなかったらあのSTUDSは終わっていたと思います


おかげで9年も長く続ける事ができました


本当にありがとう


38年間おつかれさま


僕は、


ARATAの分まで僕は長生きしたいと思います





今回のブログはこんな内容で申し訳ありませんでした


でも、いつも僕のブログを読んでいただいているみなさんにもお伝えしたかったんです


また、たくさんの方から僕の事を心配するご連絡をいただきました


僕の事はご心配なく!


ARATAの事をしっかり受け入れ、自分らしく生きています





これからもARATA以上に楽しんで生きていきたいと思っています!





さて、


次回のブログの更新は28日


その時僕は40歳になっています


せっかくなので、面白い内容のブログを書きたいですね(^^)


では、今回はこの辺で


ありがとうございました★





【STUDS】





TAKUHIRO DAKE
STUDS
TAKU

暮らしを楽しむ達人のブログ バナー



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

生活のオンとオフ。40歳手前、悩みはあってもストレスがない理由。



脱マンネリで暮らしを楽しむ。毎日つまらないと感じる時に試すべきこと



アラフォーでも歳を感じない!10年後も楽しみになる若さを保つ秘訣

関連記事