施設充実サービス満点カーフェリー!子どもも大満足な22時間の船旅


こちらの記事は、ルーツファクトリー特派員に任命された”暮らしを楽しむ達人”によるブログです。ルーツファクトリーのテーマでもある「暮らしを楽しむ」を題材に、個性あふれる特派員たちが自由なトピックを展開!本日の担当は、新登場Rka特派員!北海道に魅せられて関西から遥々引越し!2人の子どもを連れてのお引越し後編、今回はカーフェリー船内についてです!




こんにちは、Rkaです!


人生やってみたいことはやってみよう♪というわけで、今年の夏に関西から憧れの北海道に移り住みました。


前回、引越しの際に初体験したカーフェリーについて書きましたが、あまりにも内容盛りだくさんすぎて船の中のお話をまだ書けていませんでした。

そうだ、北海道に引越ししよう。子連れでカーフェリーのお引越し〜乗船編〜



2児のシングルマザーにも優しいサービス満点なカーフェリー、今回は船内編をたっぷりお届けしていきます!





船内に乗り込んだら受付で鍵を受け取り、波の緩やかな上下の揺れを感じながら大喜びの子供たちを連れて自分たちの船室へ。


予約したのはツインルーム。


到着してドアを開けると、テレビやクローゼット、お湯も出る洗面台に鏡。何より海の見える大きな窓!





ロビー同様にこちらもさながらホテル!





子供と共に上がりまくるテンションを抑えて抑えて、大浴場が使えるうちにお風呂を済ませました。


大浴場は大きめの湯船が2つほどあり、シャワーとカランも十分に数がありました。


私はまさか船の中にこんな立派な浴室があるとは思わなかったので(個室に小さめのシャワールームがあるのかな?と思っていました)(ありませんでした)、当然タオルなども持ってきておらず…。


幸いにもロビーにてタオルの貸出がありましたので、大雨でじっとり汗をかいた体も事なきを得ました。


慣れない高速道路、長距離運転を終えその日はほとほとにくたびれ…子供と即座にベッドで就寝。





母子共々相当疲れたのか、船内放送に起こされるまでぐっすり子供とお昼前まで転がっていました。お恥ずかしい。


どうやらフェリーでは食事の時間・入浴時間・売店の時間などが決まっているようで、都度放送でお知らせしてくれ、続けて2時間程度営業しているようでした。


部屋の冊子を確認すると、少し待てば昼食のためにレストランが利用できるようで、着替えたり寝癖を直したり身支度を完了させ、子供と時間を潰すためにロビーへ。





こちらではなんと、船員さんの制服を着ての記念撮影が出来ます!





なりきり船長さんな娘。こういうの、嬉しいですよね。


ほどよく時間を潰したところで、レストランに向かいました。


窓から海を眺められるお席もある素敵なところ!私は帯広豚丼、子供たちはカレーを注文。





お肉の厚みが幸せです。甘辛くてご飯の進む味付けでした。





子供もカレーを完食してご機嫌。ゆっくり食事をとり、さぁ部屋へ戻ろうか、と思った時。


船内放送で、なんと子供向けのシアタールームのご案内が!!


船内は電波もないので何をしようかな〜と迷っていた私たちにはとても有難い!!


早速放送で案内のあった場所へ。





シアタールーム、大きい……!


こんな大きなスクリーンで小さな子供と映画を観られるのは感激ですね。映画のタイトルはモンスターホテル。およそ2時間ほど子供と楽しみました。


しかしまだまだ遊び足りない子供たち。


でも当然ですよね、幼児なんて元気の塊…船室でごろごろ大人しく何時間も過ごすのはきっと苦痛。そこで私たちは乗船した時に見かけたキッズルームへ向かうことにしました。


部屋が利用できることを確認して、いざ入室!





あ、ここも広い!


ボールプールと積み木、絵本などが置いてありました。子供たち、大喜び。





大人が座って休めるスペースもありましたよ!


私は子供とボールプールで遊んだり、窓から見える景色を眺めたり。





一面海ですけど、なんだか素敵な眺め。


何だかんだで2、3時間こってり遊び倒しておりました。その頃にはお外もこんな感じ。





綺麗な夕日……!


乗船している他のお子さんとも仲良く遊んで、きっと満足してくれたでしょう。珍しくお部屋に戻ろうねとの呼び掛けに素直に応じてくれました。(戻って10分でおもちゃのとこ行きたーい!と騒がれてしまいましたが…)


部屋へ戻るついでに子供と散策していると、こんな素敵なラウンジも発見。





時間の決まりはありますが、アイスクリームや軽食も販売されているようでした。


お隣は高級そうなレストラン。


予算たっぷりだったら是非ともこちらでディナーをしたかったのですけれども……!次回フェリーに乗船する時は食レポしたいと思います。(当面時期未定)


夕飯は節約のために部屋にて持参したカップ麺で済ませ、うーん遊んだ体には何だか物足りないなと思い子供と売店へ。(節約失敗)


子供はいつでもどこでも同じものを求めますね。いつも通りのお菓子とジュースを購入。


私はこんなものが売っていたので気になって購入!





いぶりがっこ(秋田のお漬物)風味のポテトチップスと、ガラナ!


北海道といえば、ガラナ!これ、一気にがぶがぶは飲めないんですけれど美味しいんですよね。味はコーラにも近いのですが、コーラよりもエナジードリンク感があるように思います。


気になるポテトチップスのほうも、なんだか燻製の良い香りがして、ほんのりとお漬物の甘み。美味しかったです。子供もパクパクと食べられる味だったので気になった方は是非!


カップ麺、ポテトチップス、炭酸飲料という非常にジャンキーな夜になってしまいましたが、いよいよ下船1時間前。


貸していただいたタオルも返却し、念入りに荷物を確認し、部屋でドキドキしながら待っていると、ようやく小樽に到着!


ながーい廊下を歩き、駐車場へ。





子供たちと車に乗り込み準備完了。


少し待つと係の方の合図と指示に従い下船開始。


とうとう私も北海道入り!


を達成出来た瞬間でした。下船の時の感動は未だに忘れられません。


憧れの景色の中に自分が!と胸が熱くなりましたね。


初めてのフェリーでしたが、これは本当に良いものでした!予約した当初は22時間も何しとけばいいんだろう…と感じましたが、何もかも初めての経験なので新鮮でした。思った以上に時間が早く過ぎたように思います!


かなりゆったりと過ごせますし、食事のために部屋の外へ出るも出ないも自由ですので、のんびりと1人で楽しみたい方にもお勧めです。


私は次はラウンジで本とか読んで、ゆっくりお昼寝したいなぁ。なんて。船酔いしちゃいますかね。


皆さんも是非思い思いの船旅をしてみてはいかがでしょうか。


ここから先のお引越し後の話はまた後日、記事にしてお話させてくださいね。


それでは、お付き合い頂き有難うございました!






Rka


暮らしを楽しむ達人のブログ バナー



ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!



関連記事