2019-02-16

命を食らう職業お父さん。人妻たちを虜にする魔法の白い粉にまみれて


ども、職業お父さん ネジです。





「え?塩職人じゃないの?」


はい、手塩にかけてHappySaltと言うお塩を炊く事がぼくの大事な生業のひとつです。





一所懸命炊いたお塩は、日本各地の人妻奥さま、お母さんが毎日のお料理に使って下さっています。


なかには〝もぅ虜よ!〟なんて感想を伝えていただくことも(本当にありがたい‼︎)


こうやって応援してくれる人達への感謝の気持ちを伝えます。






職業お父さん



いろいろな想いや理由があってこんな風に肩書きを名乗ることがあります。


その理由のひとつに世の主婦(主夫)の自己肯定感を上げたいと言う秘めた想いを込めてます。


自己肯定感とは、「自分は生きる価値がある、誰かに必要とされている」と、自らの価値や存在意義を肯定できる感情のことをいいます。自分の良いところも悪いところも含めて自分のすべてを肯定できる、前向きな感情ともいえます。

 


家事・育児の作業は上げればキリがないくらいの種類があるし、365日休み無しです(給料の無いブラック企業)





子供を育てると言う事は何より尊い人間の営みのひとつです。


にもかかわらずわたしは何もできていないと嘆き自信を無くしている人は少なくない。


パートナーからの理解がない
社会との接点がないと感じる
やって当たり前


家庭という閉ざされた空間で窒息しそうな想いを抱えて、日々戦ってるあなたに伝えたい


毎日お疲れさま、本当にありがとう





生まれて初めて親になって、毎日いろんな事が起きて、わからない事だらけで、苦しい思いを飲み込んで笑顔でいなきゃと心で泣いているあなたに


めっちゃめっちゃ大切なことしてくれてるから!


息が吸えてる〜
あー、酸素さんありがと〜
心臓さん、毎日毎秒働いてくれてありがと〜


なんて感謝することある?


当たり前


そう思うよね。





本当に大切なことは当たり前に隠れてるんだよ


あなたが毎日こなして当たり前になってる事は


とっても大切なことだよ。


職業お父さんに込めた想いのひとつでした。


なーんて言ってもさ、自信なくすことだってあるよね


だって人間だもの





無くした自信が過去の自分の言葉で勇気付けられたと言うブーメラン現象があったんですよ。


その話を書こうかな。


職業お父さんの大事な仕事のひとつは料理です。





生きていくには食べなきゃいけないですからね。


鶏の解体もできなきゃなーと思って28歳(だったかな?)の時にお友達に教えてもらったんです。


猪などの四つ脚の解体もなんとかできるようになって、できなかった事ができるようになる体験は新しい発見と自信を与えてくれました。


自分が得たこの気づきを伝えたいなぁ
と想い。


鶏の解体ワークショップを開催してきました。





自分の為に覚えた技が、誰かに伝えたらひとつの生業になる事も大きな発見でした。


塩づくりもそのひとつですね。自分が必要で身につけたモノのおすそわけ。


いろんな種類のワークショップに関わった経験があるのですが、子どもから大人まで最も影響力を感じたのが鶏の解体だったんです(ネジ調べ)


ちょっと様子を話しますね。


生きた鶏


動きまわり、鳴き、愛くるしい





抱けば暖かい


参加者みんなで、この鶏を食べるかどうかを決める


参加者の今の想いを話してもらう





刃物で鶏の頸動脈を切る人、鶏を押さえる人を決める





締めて、熱湯(70度くらい)に漬ける


みんなで毛をむしる





食べる(刺身、炭火焼などむちゃくちゃ旨い)





感想シェア


ざっくりこんな流れでやっています。


生きた鶏の姿を見た事はあっても、スーパーでお肉がズラーッと並んでるのを見る事はあっても


その過程を見たり体験した事はないですよね。


みんな知るべきだ!とか主張してる訳ではないのでご安心を。


自分ができない事は他の誰かがやってくれていて、この星は廻っているので


ひとりでは足らないし、全てを理解できるほどに賢くもないです。





同じ体験をしたって、感じ方や学ぶ事は人それぞれですよね。


だから参加者さんに始まる前と後にアウトプットしてもらうことを大切にしています。


ぼくの想いを語って押し付けるより、ひとりひとりの中に生まれた感情や言葉が何より価値があると思うから。


そんなぼくでも


みんなの言葉を聞き出した後に伝えている事があります。


何回か現場で感じて、自分の中に産まれた気持ちなんですよね。





この手紙もあと少しです、大事にしてる事を伝えるのでお付き合い頂ければ嬉しいっす。


こういう体験した後によくある感想って


命を大切にしようと思いました


みたいな言葉


正直



はっ⁈



ってぼくは思うんですよ。(教科書に書いてある様な模範解答探すな)


本当にそう思ってるのか?自分でしゃべってる言葉の意味を深く考えたんだろうか?


そう思うんです。


だったら


畑で人参をひっこぬく時も同じこと。


他の命を自分の命に変えて生きている


生きるとはそういうことで、命の仕組みはこうなんです。


それが摂理


目の前で奪った鶏の命


かわいそう、ありがとういろんな感情が湧いたと思います。


あなたの身体は、こうして頂いた命で出来ています。





「もぅお肉を食べるのやめる、、」(って言った参加者さんは一度もいなかったですが)


肉食わなくてもなんか食わなきゃ生きれない。


野菜ならいい?


そのひとつの命を奪ってわたしが生き延びることに変わりはないんです。


なんなら、米を作る為、野菜を作る為に殺されている虫や獣の数は計り知れません。


家を作る為に道を作る為に切られた木材は?


着てる服は?


お父さんもお母さんも、爺ちゃん婆ちゃん先祖代々ずーっと


こうして他の命を食べてわたしに命が繋がっているんです。





命は大切にしましょう


自分自身の命を


本当に大切にできるのは自分の命だけです。


目の前で絶命した鶏


そこで感じた価値


あなたのその身体は、無限の命の連鎖の賜物です。


(長く生きる=命を大切にする とは思ってないっす。その瞬間にある命の本音を大切に)





この体験を通して


自分自身のことを今まで以上に大切にしてもらえたら嬉しい。


正しさを生きるなんて出来ないんだから


あなたの命が本当に望んでいる事を


奪った命の代わりに生きることなんてできねーんだから


命の声を、本当の言葉を聞けるのはあなたしかいない


自分を大切にしよう。





なーんて事をメンヘラ真っ最中の時に、勇気を出して外にコーヒーを飲みに行った先で居合わせた方に語ってたんですよ。


言ってる自分は自己肯定感むちゃ低いのに


おい、むっちゃいい事言ってんじゃん!


って自分の口から出てる自分の言葉で生きる希望が湧いてんの。


今まで開催してきて、たくさんの人に参加してもらったけどこんな気持ちになってくれてたのかなぁ?なんて。


自分のやってきたことに少し誇りが芽生えた。


なにより、人とコミュニケーションとらなきゃはじまんねーって事にも気づけた


寝込んでるといいことねーんだよな


人は誰かと関わって自分を知り、生きてる実感が湧くんだ。





人参も鶏も木も蟻もみんな違う


役割もみんな違う


役割違うんだよな


あなたはあなたの価値がある


自分なんて、、と思ってるあなたは


誰かにとっての笑顔の種かもよ


涙の種かもだけどw


take it easy〜‼︎









塩職人 ネジ

33歳3児の乳。宮崎串間で自給自足の釜炊き塩職人ネジの一雫の宝物。



くすぶりながらのオナニーこそわが青春!!だったのかも…ネジ論




ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

関連記事