2018-11-09

ラブレターをもらいました(自慢)チェリー無垢の大切なちゃぶ台。


どもどもどもども!!だいたい週末は納品&引き取り旅行☆イェイ!!な家具作りたいおっさんです。今週もやってきてます東京へ。


淡路島工房からだとトラックで8時間くらいなんですが、間にバッチリ休憩挟んで走ってるので最近はだいたい14時間ほど。長いけどなかなかこのドライブ楽しかったりします。おかげでかなりのPA、SA通になったしw


で、今回もまたたくさんのお客様の御宅へお邪魔する訳ですが、これが毎回本当に楽しいんです。今日ご紹介するのは本日お伺いした中で、丸い無垢の座卓のリメイクをご依頼頂いたお客様のお話。





お伺いしたのは10年前にお家を新築された時に一緒にオーダーされたチェリー材の無垢の丸いローテーブル(ちゃぶ台)のリメイクをご希望のお客様。メールやお電話で概算をお伝えして、お引き取りに伺うことになり、その日が今日でした。


場所は埼玉県某所。雨が降ったり止んだりのお天気の中、交通渋滞にも巻き込まれ、予定よりも1時間遅く到着しました。





早速見せて頂いたテーブルは、思い出の詰まったとても素敵な味わいのあるテーブルでした。天板の染みや小傷にも思い出が詰まっています。


僕は仕事柄ものすごくたくさんの「使われている家具」を見てきたので、見るとすぐ、その家具がどのくらい愛されてきたか分かります。


傷の有る無しとか、ピカピカか使い込んであるとかではなく、暮らしの一部として愛され大切に扱われてきた家具って、独特のオーラがあります。





なんていうか「誇らしげ」とでも言うんでしょうか。愛されてきたからこその自信とでもいうんでしょうか、なんだか堂々としてるんです。


今日お引き取りさせて頂いたテーブルも、そんな「堂々として誇らしげなテーブル」でした。「天板が無垢で分厚い」とかそんな事じゃないですよ、もちろんw


そんな愛しされてきた大切な家具のリメイクをご依頼いただくのって本当に嬉しいです。リメイク冥利に尽きる。とでも言うんでしょうか。





ご希望やお話しを伺った後、厳重に梱包してトラックに積み込みました。雨に濡れないように気を使いながら、なんとか綺麗に積み込みを終えました。


出発前にご挨拶して帰ろうと、お部屋に戻ると、なんという事でしょう!!!





コーヒーを淹れてくださってました!!美味しそうなお菓子まで。感動してつい、お写真撮らせてもらっちゃいましたw


淹れたての美味しいコーヒーをいただきながら、お家のインテリアの工夫のこと、DIYのこと、お庭づくりのお話なんかを楽しく伺いました。


ご挨拶をして帰る時、お客様のお嬢さんが「はい。」と何か紙をくれました。トラックに戻ってからその紙を見てみると…





うおー!!!!!ラブレターもらっちゃったー!!!(いや、違うかw)


なんと嬉しいお手紙。ラブの意味は広いので、これもまぁ一種のラブレターという事で、早速入院中のユリマタタに「ラブレターもらったー!!!」と自慢しました。


その後にお伺いしたお客様の御宅でも、とっても嬉しい出来事があったのですが、それはまた別の機会に。





明日も朝から納品&引き取り、頑張るぞー!!!



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!






「家具作りたいおっさん」阪井


「MONPE STOOL」について詳しくはこちら(オンラインショップへ移動します)



お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)


関連記事