婚礼タンスをダイニングテーブルにリメイク!天板にさり気なく面影を


一見、シンプルに見えるこちらのダイニングテーブル。


シンプルなデザインの実は婚礼タンスからリメイクしたダイニングテーブル


実は、なんと婚礼タンスの部材を活かしてリメイクしたダイニングテーブルなんです。


えぇっ!婚礼タンスをリメイク!?一体どこにどんな部材が使われているというのでしょうか??きっとこの写真から正解を当てられる人はいないのではないのでしょうか。


まずは、リメイク前の婚礼タンスを見てみましょう。


ダイニングテーブルにリメイクする前の婚礼タンス


3枚の扉と4杯の引き出しから成る洋服タンス。サクラ材のタンスで、深みある煉瓦色は重厚感があります。


リメイク前を見ると、ますますどうやってリメイクしたのかわからなくなりますねw


婚礼タンスの部材を活かしてリメイクしたダイニングテーブル


さて、ルーツファクトリーでは今までに何度も”婚礼タンスからダイニングテーブルにリメイク”をしてきていますが、タンスからダイニングテーブルへリメイクするのは様々なリメイクの中でもとりわけ工夫が必要になります。


というのも、タンスとテーブルは構造が全く異なるので、部材をそのまま活かすのが難しいのです。


「タンスの天板や側板をテーブルの天板に活かすことはできない?」とお問い合わせいただくことも多いのですが、タンスの天板や側板は中空になっていることがほとんどで、上から荷重がかかるテーブル天板には向いていません。


ダイニングテーブルにリメイクするのに工夫が必要な婚礼タンス


そんなこんなで、お客様から「ダイニングテーブルにリメイクしたい」とご相談いただく場合には、お客様のご希望をヒアリングしながら都度リメイク方法を考えていきます。


今回、お客様からはリメイクのご希望について、婚礼タンスのデザインを前面に出すというよりはお部屋の雰囲気に合うシンプルなデザインにして、どこかに面影を感じられるようにできたら、とお話しいただいていました。


シンプルなデザインで、長くお使いいただけるように強度を確保して、さり気なく婚礼タンスの面影も感じられるように…


婚礼タンスの特徴的な扉


どの部材をどのように使用してリメイクすればお客様のご希望を叶えられるか考え、今回はまた過去にない新たな手法でリメイクさせていただきました。


そうして完成したダイニングテーブルがこちら。


婚礼タンスの扉を活かしてリメイクしたダイニングテーブル


実は…


婚礼タンスの扉表面をダイニングテーブルの天板裏面に活かしたダイニングテーブル


なんと、婚礼タンスの扉表面をダイニングテーブルの天板裏面に活かしているのです!


わかる人にだけわかるというこのさり気なさ、たまらないですね♪


天板裏面というさり気ないところに婚礼タンスの面影を感じることのできるダイニングテーブル


ちなみに、天板の表面は婚礼タンスの扉と合わせてチェリー材にて化粧しました。


チェリー材を使用して化粧したダイニングテーブルの天板


サイズはW1350×D900×H700。かなり大きかった婚礼タンスが、取り回しのしやすいサイズのダイニングテーブルとなりました。


こちらがお客様のお家への納品の様子です。


婚礼タンスの扉を活かしてリメイクしたダイニングテーブルの納品の様子


裏返しになっていてもオシャレですね♪


ダイニングに設置させていただくと、この通り。


お客様のダイニングスペースに設置したリメイクテーブル


お部屋の雰囲気にもぴったりです!


お客様も希望が叶って嬉しいと喜んでくださいました(^^)


お部屋の雰囲気にぴったりのダイニングテーブル


ところで、こちらのリメイクをご依頼いただいたお客様からは他にもいくつかの家具のリメイクをご依頼いただいていました。


次回以降一つ一つご紹介していくのでお楽しみに!





ユリマタタ
ルーツファクトリー
ユリマタタ



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


よくあるご質問のバナー 【よくあるご質問】はコチラ
家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。

【メールフォーム】

お問い合わせ内容








【お電話でのお問い合わせ】
受付時間:月〜金(平日)10:00〜15:00
電話番号:0120-6002-39(フリーダイヤル通話料無料)


関連記事