2019-10-26

家具の素材の向き/不向き。箱物家具の婚礼タンスをリメイクする場合…


こんにちはー!ユリマタタです!


先日、「リメイクは、家具の仕様や状態によってできること/できないことがある」という話を書きました。

「どんな家具でもリメイクできる」なんてそんな嘘みたいな話、ある!?



今回はそのうちの「仕様によってできること/できないこと」について、婚礼タンスのリメイクを例にとって深掘りしたいと思います!


ROOTS FACTORYでお客様にご依頼いただくことの多い婚礼タンスのリメイク。


お客様のライフスタイルに合わせて、そして理想のインテリアとなるよう、これまで様々なリメイクをしてきました。


婚礼タンスからダイニングテーブルを作ったり

こだわりの豆型ダイニングテーブル!天板に思い出の洋服タンスをあしらい…



婚礼タンスからライティングビューローを作ったり

背の高い婚礼箪笥は地震の時に不安…ライティングビューローにリメイク



婚礼タンスからテレビボードを作ったり・・・

思い出の婚礼箪笥、ウォールナット&オークを掛け合わせテレビボードに



家具作りたいおっさんは前例がないことほど燃え上がってしまうタチなので、一般的にできないと言われていることも大概できちゃったりするんですけど、それでもやっぱり素材によって向き・不向きはあります。


例えば、婚礼タンスの側板を使うことについて。





平らだし、面積も広いし、加工して色んなところに使いやすそう・・・と思ってしまうかもしれませんが(私は実際に思ってましたが)、実はこれが難しい!!


「そのまま横向きにしたら、テレビボードとかの天板にちょうど良さそう!」と思ってしまうかもしれませんが(私は実際に思ってましたが)、あかんのです!!


タンスのような箱物家具の側板は、「フラッシュ構造」といってこのように中が空洞になっているものが多いです。





そのため、垂直方向の力に弱いので、上に物をのせたり体重がかかったりする天板などには不向きなのです。


さらに、側板の表面材としての強度も、天板の表面強度には及ばず使うことができません。


また、カットしたりすると構造が壊れてたちまち脆くなってしまうので、加工も難しい。なんとか使えるようにするとしてもかなりの手間がかかります。


と、いいつつフラッシュ構造の婚礼タンスをリサイズしたこともありますがw

フラッシュ構造はリサイズできない!?思い出の婚礼タンスをリメイク!



「できるだけ元の家具を使ってリメイクする」ということについて、それが「大切な家具の存在を残すため」であるならば家具作りたいおっさんは頑張っちゃいます。





が、もし「その方が材料費が抑えられそう」という理由の場合は、オススメできません。


ROOTS FACTORYでは、お客様の家具が一番輝く方法でリメイクすることを第一に考えています。


その素材にしかできないことを大切に、お客様の理想の家具となるようデザインをご提案します。


「この家具からこんな家具を作ってほしい!!」というアツいご希望をいただいたら全力でお応えしていくので、ぜひなんでもご相談くださいね(^^)





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ

独創的?実は、お客さまだけの感性や歴史、思い出がアイデアの源泉。




ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)


関連記事