2017-04-23

24歳家具屋店長、家具オーダーを体験してみた


昨日のブログで、ルーツファクトリー東京店のキッチンを改装するために可愛いミニキッチン台を作ったとお伝えしました。
そして、家具の楽しさをお伝えするために、そのレシピを大公開しちゃいます!ともお伝えしました。

しかし、ユリマタタは悩みました。



レシピを公開するからには、ただの「手順」ではなくて、デザインの意図までを盛り込んだもの、みなさまに

「なるほど!家具を作るとき、こんなことが考えられているんだ!!」

と感動してもらえるものをお届けしたい。
なぜなら、今回ユリマタタはその部分に触れることができてとっても面白かったから!

でも、まだまだ家具の構造についてわからないことも多いユリマタタ。
背伸びをして書こうと思ったら、家具作りたいおっさんに「あかーん!!」と怒られちゃいました!

え~ん!じゃあどうすればいい~!?



メソメソと悩んでいると、家具作りたいおっさんは言いました。

「『24歳家具屋店長、家具オーダーを体験してみた』ってことにしたらええんとちゃう?」


?????????????????
????どういうこと???????
?????????????????


「自分がオーダーしたら、『私のこういう願いを叶えるためにここをこうしたのね!』っていうのを、熱く語れるんやないの」

いや、でも、もう作り終わっちゃったし、今さらオーダーした体で書くっていっても・・・

「ふふ。キッチン改装するって決まってからした俺とのやり取りをよう思い出してみ。」

え~~~やり取りって言ってもなぁ・・・
家具作りたいおっさんに「なんかイメージある?」って聞かれた時に答えた
「木のぬくもりを感じるキッチンがいい!」
「内装を変更する時のことも考えて自由にアレンジできるつくりにしたい!」
くらいしか思い出せないけど~~~~

「充分やん。充分なオーダーやで。」

えっっっ!?!?!?



オーダーってもっと「こんな形にしたい」とか「こんな色にしたい」とか具体的な要望を伝えなくちゃいけないんじゃないの!?

「そんなことないよ。だって、ユリマタタが新しいキッチン台欲しいって言って、ユリマタタが喜ぶキッチン台ができあがったんやろ?」


・・・たしかに!!!
満足だ!!超ハッピーだ!!!!!
え、でもこれってほとんど「おまかせ」状態ですよね!?

「そう。つまり、ルーツファクトリーは『おまかせ』が叶う家具屋なんや。」

はっっっ!!
話は飛ぶけど、そういえば私、美容院でいつも「おまかせで」をお願いしたい人だった!
可愛い髪型はたくさんあるけど、自分には何が似合うのかわからない!
プロにおまかせしたいんじゃ~!って!

そういえば家具も同じかもしれない!
その空間に似合うものを考え出すと悩んじゃって決まらない!
でも、今回はそんなストレスもなかったのに欲しい空間が手に入った・・・

ということは!?

いつの間にか私のオーダーが引き出されてた!?!?

ひゃ~!インテリアマジック!インテリアマジックだ~~~!



っっっあーーーーー!!でも、わかったぞ!!



「木のぬくもりを感じるキッチン」だからあそこの構造をああしなくちゃいけなくて、「自由にアレンジしやすいように」あそこをあのままにしてくれてたんだ!



そっかそっかそっか~~~!


家具作りたいおっさん
「選択肢って無限にあるようで、『その人にとって』正解っていうのが限られてるはずなのよ。
その場所に必要な要素をちゃんと足して、余計なことはせずにっていうルールがある。
その人が言う言葉っていうのは、選んでるつもりでも、その人が使ってきたもの、いる状況、組める予算とかで、わりとそこしかないよねっていう枠にどんどんしぼられていく。実は必然的に決まっていくんよね(・・・この後熱弁は2時間以上続いた!( ゚Д゚))」


さぁ!家具作りたいおっさんの家具理論も熱いですが、ユリマタタの家具熱もどんどんヒートアップですよ~!
いつか家具作れるようになってやる~~~!!




みなさま、ミニキッチン台レシピ大公開、乞うご期待です☆☆☆




ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ

関連記事