2019-11-10

思い出の婚礼タンスをコーヒーテーブルにリメイク!1枚の扉が大変身♪


こんにちは、ricoです。


前回、婚礼タンスを洋服掛けにリメイクした事例をご紹介しました。

面影はそのままに。婚礼タンスからオープンの洋服掛けにリメイク



今回は、同じ婚礼タンスからコーヒーテーブルを製作したことについてご紹介します。


婚礼タンスのリメイクの事例は数あれど、今回もとても可愛いものが完成しましたので、是非最後までご覧くださいね。


「洋服掛けの他にも婚礼タンスの扉で何か作れるものがあったら提案して欲しい」と話していらしたお客様。





お客さんのご希望に合わせて作れますので、遠慮なくおっしゃってくださいねとお伝えし、ご希望いただいたのがコーヒーテーブルだったというわけです。


「お客様のご希望に合わせて」って言っても、婚礼タンスの扉からコーヒーテーブルだなんて!家具作りたいおっさん、本当に大丈夫でしょうか。果たしてどんなコーヒーテーブルが出来上がるのか!


それでは、早速リメイクの様子を見てみましょう。


まずは、扉を大胆にカット!





・・・という風に見えるけど、実はこの扉は「フラッシュ構造」になっていて、中が空洞になっているのです。


だから、変なところをカットすれば使えなくなってしまう可能性もあり、決して簡単な作業ではありません。扉をカットする工程は大胆に見えますが、実は経験がものを言う難しい作業なんです。


しかも、カットした後に穴を開けていますね。





何故穴を開ける必要があるのでしょうか。それは後からのお楽しみです^^


その後、周りを無垢オーク材の枠で囲います。





こうすればデザイン的に優れるだけでなく、強度も十分に確保出来ます。


そして次に、なにやら黒い棒が出てきました。いったい何に使われるのでしょう・・・?





さてさて、色々と気になる工程が出てきた今回のリメイク、一体どんなコーヒーテーブルに仕上がったのでしょう。


それでは、完成品をご覧ください!





クローゼットの扉を3面に使用した、コの字型のコーヒーテーブルになりました!


扉をカットし、無垢オーク材で囲った後、ガラスをはめ込みました。とても可愛い!


扉を最大限に利用し、かつテーブルを使用するたびに婚礼タンスの面影を感じることが出来る、ルーツファクトリーお得意のリメイク術です。


側面も手を抜きません。





取っ手もちゃんと再利用!思わず触れてみたくなりますね。


そして真横から見ると、例の黒いバーを発見!





なんと支柱として使用していたのです。穴を開けたのもそのためだったのですね。なるほど!


1枚の扉が余すところなくきちんと活かされているところに、家具作りたいおっさんのただならぬ情熱を感じます。





洋服掛けとコーヒーテーブルと一緒に、お客様のお家へ納品に行きました。


ずっと心待ちにしてくださっていて、大変喜んでくださいました。





小さなフォルムがとても可愛いですし、なによりも婚礼タンスの面影をこれからも感じることが出来て最高です。


洋服掛けもコーヒーテーブルも、他の家具と馴染んでます!これからどんどん活用していただければと思います。





後日、お客様から「これからも大切に使わせていただきます。」とメールをいただきました。


嬉しいお言葉・・・(涙)


こちらこそ、有難うございました。


婚礼タンスを使用したリメイクはすごく人気で、今までにもいろんな家具へリメイクしてきました。


「こんな家具にしたい!」と希望があればなんでも言ってくださいね。






rico


ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(土&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(火&水定休)




フラッシュ構造はリサイズできない!?思い出の婚礼タンスをリメイク!



お母様の形見の婚礼タンスをリメイク!〜和タンス&整理タンスリサイズ編〜



まるでリメイクしたとは思えない!?3枚扉の婚礼タンスを1/3にリサイズ!

関連記事