2019-02-16

「本当に欲しいもの」が見えてくる。おっさんの魔法のヒアリング。


「現在使用中の座卓をダイニングテーブルにリメイクしたいと考えています。」


お客様からお問い合わせのメールをいただきました。


ご結婚の時に購入されたというこちらの座卓。



(お客様にお送りいただいたお写真)


ご家族も増え、今の生活スタイルに合うようにされたいとのことで、ROOTS FACTORYにご相談いただきました。ありがとうございます!


まず、お電話でヒアリングをさせていただきました。





家具のリメイクというのは、お客様がお持ちの家具を素材にして新たに家具をつくる、いわばオーダーメイド家具です。(ROOTS FACTORYでは「オーダーリメイク」と呼んでいたりします。)


そのため、お客様の様々なご希望をお伺いするのですが、座卓をダイニングテーブルにリメイクする時には、「どのような脚にするか」を決める必要があります。





お客様は当初「アイアンの脚にしたい」と仰っていました。


モダンにスタイリッシュにキマるアイアンは、とっても人気でお問い合わせも多いです。


でも。


じっくりとお話を伺う中で「木製の脚がいい」ということになりました。


実はそういうことって結構あるんです。家具作りたいおっさんの魔法のヒアリングでお客様の”本当に欲しいもの”が明確になっていくんです。なんでも、過去には「椅子を作ってほしい!」と言われて棚を作ったこともあるとか・・・





ROOTS FACTORYでは、お客様の言葉にはどういう意味が含まれているのか、それを汲み取ることを大切にしています。


さて、メールやお電話で何度もやり取りをしたのちに、お客様のお宅へお見積もり&家具のお引き取りに伺いました。





お客様のお家に伺ってお話しを聞くと、事前のやり取りで考えていたプランにさらに修正が加わりました。


実際にお客様のお家を見て、お客様とお話しして、お客様の「暮らし」を感じて修正する。すると、ピタリとハマるんです。気持ちいいほどに。そうしてリメイク案をご提案し、「ぜひそれで!」と決定しました。


さぁ、工房に連れて行って、素敵にリメイクするぞ!!と意気込む家具作りたいおっさん。


しかし、気になることがひとつ。





「あれ?もしかして、お預かりして帰ったらテーブル無くなりません?」


「そうなんです。だから戻ってくるまでの間どうしようかと・・・」


それは大変!!


それでは!!


ということで



置いて帰ってきちゃいました(⌒▽⌒)






本当は預かって帰った方が絶対に作業はやりやすいんです。その準備もして行ったし。でも「お客さまが困っちゃう」となったらなんとかしたいと思うルーツファクトリー魂。


「いやー実物なしで製作になるけど、頑張るわ!」


豊富なリメイク経験があるからこそできる決断です。


そんなこんなで、リメイクする家具が不在の中、行うことになった製作。


一体どう進めたのか??





次回、製作&納品編です。とっても素敵な仕上がりになりましたよ〜!どうぞお楽しみに!


また、テーブルのリメイクの際、事前にご要望伺えれば、お預かりしている間の代替テーブルをご用意することもできるので、どうぞお気軽にご相談くださいね。





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ



ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(土&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)




手間のかかる構造を変えるリメイクも◎学習机をテーブル&スツールに



家具で空間が変わる♪リメイクデスクでデッドスペースが作業スペースに!



サイズダウンのリメイクで印象ガラリ!大きな学習机をデスク&インワゴンに!



ヒビ割れや節の跡も綺麗に!無垢一枚板のダイニングテーブルをリメイク

関連記事