和タンスを上下分割リメイク!上部はお着物盆を抜いて下駄箱に転用♪


前回ご紹介した、洋服タンスをリメイクさせていただいたお客様から「和タンスもリメイクして設置場所を和室から洋室に移動したい」とご依頼いただいていました。


上下分割リメイクをご依頼いただいた和タンス


今回はそちらのリメイクについてご紹介します。


お客様のご希望は上下分割してそれぞれ独立して使えるようにすることでした。


元々上下で分かれるようになっていたため、上部には台輪を、下部には天板を新しく製作することになりました。


上部と下部で分かれるようになっている和タンス


加えて、上部の着物収納部分はお着物盆や引き出しを抜いて今後は下駄箱として使いたいとご希望いただきました。


お着物盆が無くなると靴を収納するには高さがありすぎるため、その部分には棚板を1枚追加することに。


着物盆や引き出しを抜いて下駄箱として使いたいとご希望いただいた和タンス


また、下部の引き出しはベコベコとしてしまっている箇所があったため、そちらも修理をご依頼いただきました。


ベコベコする部分のあった和タンス引き出し


ところで、こちらのタンスを洋室に搬入できるようにするには、奥行きサイズも縮める必要があるかもしれないとお客様が仰いました。お引っ越し時、業者さんが頑張って入れてくれようとしたけれど、ドアにつかえてあと少しのところで入らなかったのだと…


そのお話を聞いた家具作りたいおっさんは言いました。


「おかしいな。このドア、外れるはずですけどね。」


「えぇーーーっ!!」と驚かれるお客様。念のため、家具搬出時に試してみることに。


洋室のドアを外して和タンスを搬入できることを確認


・・・ドア、外れました。こちらのドアは工具がいらずに外せるタイプのものでした。


「この数ヶ月、寝る場所に苦しむ必要はなかったんですね…すっかり諦めてました(T_T)」とお客様。こういった”知っているといざという時に役立つ家具・建具のこと”、今度ブログに書こうかな。


さて、というわけでタンスの奥行きは縮めずに済みました。最初に書いたように、上部・下部に台輪と天板を新規製作して独立して使えるように分割リメイク!


どのような仕上がりになったかというと…こちらが完成写真です♪


和タンスの上部に台輪を足して独立して使えるようリメイク


台輪を新規製作した和タンス上部。


内部には、お着物盆の桟にのせて使える棚板を1枚追加しました。


お着物盆と引き出しを抜いて棚板を1枚追加した和タンス上部


一番下の引き出しにはシューケアグッズなどの小物類も収納することができそうですね♪


お着物盆などを抜いた和タンスの内部


天板を新規製作した和タンス下部もバッチリ仕上がってます!


天板を新規製作した和タンス下部


形も素材も色味も、和タンスに見事マッチしています。


形も素材も色味も元のタンスにマッチしている新規製作した天板


リメイクさせていただいたこれら2点の家具は、無事お客様ご希望の洋室に搬入することもできました。


無事お客様ご希望の洋室に搬入することのできた和タンス下部


和タンスの下部は、洋服タンスのお隣へ。


和タンスの上部(下駄箱)はお部屋の入り口へ設置しました。


お部屋の入り口に設置した和タンス上部


下駄箱、横幅も設置場所の寸法にぴったりですね!お客様がこちらで下駄箱として使いたいと仰った気持ちがよくわかります!


気持ちよくおさまった家具をご覧になって、お客様は「あぁ、感動!全部理想通り!」と喜んでくださいました(^^)


「使いやすくなって活躍しています」と言っていただいたリメイクしたタンス


そして、納品から少し経った頃、お客様が東京店シモキタベースにお立ち寄りくださいました。


たまたま通りすがりで立ち寄ってくださったそうで、残念ながら私はその日お店にいなかったのですが、スタッフの大西に「タンス、すごく使いやすくなって活躍してます!」と伝えてくださって…


納品後時間が経ってもそのように感じていただけていると知って、とっても嬉しかったです!ありがとうございました!


(洋服タンスのリメイクについてはこちらから↓↓)

高さ2m超の洋服タンスを小さくリサイズ。棚板も追加で使いやすく♪







ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ


素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ

よくあるご質問のバナー 【よくあるご質問】はコチラ
家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。

【メールフォーム】

お問い合わせ内容








【お電話でのお問い合わせ】
受付時間:月〜金(平日)10:00〜15:00
電話番号:0120-6002-39(フリーダイヤル通話料無料)


関連記事