2019-10-31

背の高い和タンスを分割!開き扉部分をリメイクで脚付きキャビネットに


婚礼家具の和タンスから、寝室用の2つの家具を製作させていただきました!


ある日お客様から「近々引っ越す予定だけど、引越し先が今よりも狭く家具が入りきらないため、リメイクしたいです。」とご相談のメールをいただきました。


リメイクをご希望いただいたのは、こちらの和タンス。





なだらかな曲線の美しい和タンスですね。こちらの和タンスの開き扉部分だけ独立させて使えるようにして、引き出し部分もさらに2分割(高さを半分)にしたいとご希望いただきました。


今回は、開き扉部分のリメイクについて詳しく書いていきますね!


お客様にお電話でROOTS FACTORYのリメイクについてお伝えすると「ぜひお願いしたい」と言っていただき、お引越し後に詳しいお打ち合わせも兼ねて家具のお引き取りに伺いました。


直接お客様のご希望をお伺いしたりお部屋を拝見したりして、どのようにリメイクするか決めました。





お電話でもある程度の方向性を決めることはできますが、家具のリメイクは元の家具の細かな仕様や状態などによってできること/できないことが変わってくるため、直接お打ち合わせさせていただくのが一番です。


お打ち合わせの末、開き扉部分については、脚を付けてベッドサイドのキャビネットとして使えるようにリメイクすることになりました。


丁寧に梱包してお預かりし、淡路島の工房で製作開始です。


こちらの和タンスはちょうど開き戸と引き出し部分の間で分解できるようになっていました。





しかし、綺麗に分解できるといっても底面に強度があるわけではないので、今回脚を取り付けるにあたって底板も新しく製作しました。





天板も新しく化粧材を貼り整えました。


家具作りたいおっさんいわく、こういった背の高い家具は、もともと天板を見せるようにできていないそうです。



(和タンスのもともとの天板)


そして、物をのせたり触ったりすることを想定していないため強度がない場合も多く、天板ごとはずして作り直したり中を開いて補強してから表面材を貼って仕上げたりすることもあります。


ただ、今回は珍しくそこそこ強度のある天板だったらしく、お客様から「なるべくそのまま使いたい」とご希望いただいていたこともあって、上から化粧材を貼って整えました。


さぁ、そうして完成したキャビネットは、こちら!





か、、かわいい!!


元の和タンスのやさしい表情はそのままに、高さを抑えたキャビネットに生まれ変わりました。


幅や奥行きは変えていないのでしっかりとサイズはあるのですが、まったく圧迫感を感じさせません。





そして、テーパーのかかった脚が、なんとも絶妙!


かわいらしさを残しつつ、全体のフォルムを引き締めてくれています。





ちなみに、脚をつけることで湿気や埃を避けることができたり、高さが出て使いやすくなったりと、機能面も充実させてくれているんですよ◎


新しく表面材を貼って仕上げた天板も、まったく違和感がありません。





お洒落に生まれ変わったこちらのキャビネット、お客様のお部屋に納品させていただいたら、これまたとっても素敵だったのですが・・・


その様子は次回、もう一つ製作させていただいた家具のご紹介と合わせてお届けしたいと思います!


お問い合わせ当初「高さを抑えるために2分割したい」とご相談いただいていた、和タンスの引き出し部分。





なんと、「そんな家具にもリメイクできるの!?」という驚きの内容になっています。私は、家具作りたいおっさんがお客様とお打ち合わせを終えた後、その内容を聞いて思わず目をパチクリしちゃいました。


どんなリメイクとなったのか!どうぞお楽しみにー!





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ

婚礼タンスを3つの家具にリメイク!印象的な扉や引き出しをいかして…



婚礼タンスの高さをカットしてリビングのサイドボードにリメイク!




ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)


関連記事