2019-08-09

奥行きのある婚礼家具は圧迫感が…600mm→400mmにサイズダウン!


先日、婚礼家具3点セット(洋服タンス、整理タンス、着物タンス)から、リメイクさせていただいた2つの家具についてご紹介しました。


洋服タンスの鏡扉からリメイクした収納付きミラー。





着物タンスからリメイクした、ウォークインクローゼット用着物収納棚。





(詳しくは、このブログの最後にリンクを貼るのでぜひそちらをご覧ください♪)


今回は、整理タンスのリメイクについてご紹介します!





整理タンスについてお客様から伺ったお悩みは、「奥行きがありすぎて使いにくい。」ということでした。


婚礼家具はかなり奥行きが大きいものが多いですよね。収納力がある一方、置く場所を選んでしまうということが難点・・・。お客様の整理タンスは、奥行きが600mmでした。





そこで、奥行きを400mmにリサイズすることに。


さて、「奥行きを縮めるだけ」というと、あまり見た目も変わらないし、簡単なリメイクと思われるでしょうか。


私なんかは、こういった事例を見るまでは「え?だって全部同じ大きさにカットするんでしょ?まとめてやれば簡単じゃない??」なんて思ってました。いや、大きな声じゃいえませんがw


ところがどっこい!


実はタンスなどの箱物は、この「ちょっとサイズを変える」というのが結構な手間になったりするのです。


まとめてカットなんて、できません。引き出しを全て取り出し、一つ一つ丁寧にリサイズしていくしかないのです。





さらに、昔ながらのタンスだと、素材の性質に合わせて寸法を微調整されているものなどがあったりもするそうで・・・。


そんな時は、そうです、その一つ一つの寸法を見ながら、どうしたらピタリと合うか考えながら製作しなければいけません。気が遠くなりますねw


そして、本体については今回新しく製作することになりました。





場合によってはタンス本体もリサイズできますが、お客様から「元の整理タンスより高さを抑えたい」とご希望いただいていたことや、他に製作させていただいた家具と雰囲気を合わせるため、また、コストなどのバランスから、本体は新しく製作することになりました。





さぁ、それではリメイクが完成した整理タンスをご覧ください!





元の整理タンスのシンプルで美しい佇まいはそのままに、奥行きが浅くなり圧迫感もなくなりました。


本体の仕上げは、深みのある落ち着いた色合いのウォールナット色に。引き出しとの相性もバッチリですね!





長いことお待たせしてしまったんですけど、お客様のもとへお届けに上がると、その仕上がりにご満足いただけたようでした!


そして、タンスの使い心地を大きく左右する、引き出しを開け閉めについてもその場で確認していただいたのですが・・・





そのスムーズな開け心地に驚かれていました!



「お願いしてよかった〜!」



と笑顔で言っていただけて、私たちも嬉しくなっちゃいました!ありがとうございます!





手間と技術を必要として、採算性がないとも言われるリメイク・・・


それでも、お客様の笑顔を見るたびに「リメイクさせていただいてよかったー!!」と思うことばかりです。


長年の経験・豊富な実績から、お客様のご希望・ご予算に応じて様々な方法でのリメイクが可能ですので、まずはどうぞお気軽にご相談くださいね(^^)


着物タンスと洋服タンスのリメイクについては、こちらからどうぞ!↓↓


着物タンスの中身を取り出しリメイク!ウォークインクローゼットの中へ



洋服タンスの鏡扉を収納付きミラーにリメイク!元の扉の魅力がたっぷり♪







ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ



ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)




婚礼箪笥がリビングボードと姿見に!渋谷の新居にオーダーリメイク☆



婚礼箪笥がTVボードと姿見に!用賀の家具リメイク納品のご報告。



着物タンスの中身を取り出しリメイク!ウォークインクローゼットの中へ

関連記事