2019-01-13

思い出の折りたたみテーブル、お部屋に合わせてシノワズリ調にリメイク


お客様のお母様が50年ほど前に購入されたという折りたたみテーブルをリメイクさせていただきました。


お客さまが子どもの頃、お誕生日会の時などに使われていたというこちらのテーブル。





とても思い出深いもので、お母様が亡くなられた今、捨てるに捨てられなかったそうです。「決して高価なテーブルではないけど」と前置きされてROOTS FACTORYにリメイクのご依頼をいただきました。

「高価なテーブルではないけど…」思い出の折りたたみ座卓をリメイク



お客様のお宅へテーブルを引き取りに伺った時、お部屋を拝見した家具作りたいおっさんは「シノワズリ似合いそう!」とリメイク後の家具のイメージを膨らませていました。





お家に直接伺うと、お客様の好みなどがよりしっかりと伝わってきて、より良いアイディアや、ぴたりとハマる提案が生まれてくるのです。


そうして膨らんできたイメージを、具体的に形にしていきます。


まず、割れてはがれかけてしまっていた天板の淵。





四方をカットして、小口に黒く染め上げた無垢板を貼りました。





天板の赤とのコントラストが鮮やかで、パリッとした印象になりました。





脚もオーク材を黒く染め上げ、こちらにはゴールドラインの加工を施してアクセントに。





もともと折りたたみ式テーブルだったことを踏まえ、収納のしやすさも考えて脚は取り外しできるようにしました。


さらに天板は汚れを落とし、塗装し直してピカピカに磨きあげます。





赤×黒×ゴールド、というシノワズリの代表的な色の組み合わせで、気品のある仕上がりになりました。





いよいよ納品。


脚を外した状態で搬入し、お客様のお家で組み立てます。





お客様はお部屋の雰囲気ぴったりに仕上がったテーブルに大変ご満足くださったご様子でした。





そして、綺麗になった天板にも「すごい!ピカピカ!」と喜んでいただけました。





「また家具をお願いする時は、ROOTS FACTORYさんにお願いしたいです!」と、うれしいお言葉も頂戴しました。


こちらこそ、大切な思い出の家具のリメイクをおまかせいただいて、ありがとうございました!





たくさんの思い出がつまった家具、使いつづけたいけれど、少し今の暮らしにあわないかな、ということが出てきてしまうこともあると思います。


そんな時は、ルーツファクトリーがお力になりますので、ぜひご相談くださいね!






ROOTS FACTORY東京店シモキタベース
スタッフ・オーニシ



ROOTS FACTORYのオーダーメイド家具&リメイク家具製作事例集はこちらから(オンラインショップに移動します。)

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(土&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)




無垢ウォールナット×モザイクタイル☆お洒落オーダーメイドテーブル



真白なテーブルをサイズダウン。カット部分をアクセントラインにしてリメイク!



上品な存在感、華奢なライン、ウォルナット×アイアン脚の半円テーブル

関連記事