2018-07-21

大自然と戯れるアクティビティとエコツーリズムin西表島


おーりとーり、東洋のガラパゴス西表島暮らしルーツファクトリー特派員の亜優です😊


西表島と聞いてなにを思い浮かべる?


イリオモテヤマネコ?
サンゴ?
ジャングル?






どこにあんの❓



と、実際のところ、
実はよく知らない人が大半ではないでしょうか





一括りに「八重山諸島」といっても
それぞれの島にはそれぞれの特徴があります。
私もまだ全ての島を訪れた訳ではないけど
多分、きっと
西表島が一番好き!


私の場合は、ジャングルに一番惹かれるのです。





あと、滝ね。





海ももちろん綺麗だし大好きだけど、海か山かと聞かれれば、
断然、山派なのです😊
あの深い緑の中に入ってく、
そしていろんな植物や生き物に遭遇する。
うーん、楽しすぎる‼️😆





色で言ってもグリーンが好きだし、
《緑》って私にとってはなんか特別なものなのかもね。


実は私、カラーセラピストでもあるのですが
緑に惹かれるその情動は…


て、今回はその話ではない❗️笑


とにかく
だから、西表島なんだと思う。





さて、西表島の楽しみ方をご紹介❗️


島の大半を占める亜熱帯の森ジャングル
造られたものではなく、
手つかずの大自然というのが最大の魅力


そんな大自然にはたくさんの滝
水源豊かな川
マングローブ群
亜熱帯に分布する植物
季節により様々な花も咲き乱れ
そして大自然には当然、たくさんの生き物も生息してます





普通に天然記念物に指定されている生き物にも出会えるのです
あ、イリオモテヤマネコだけはなかなか出会えない💦


そんな西表島には大自然と戯れられるアクティビティがいっぱい❗️


ジャングルトレッキング
マングローブのトンネルを行くカヤック





滝遊びキャニオニング





海水浴
シュノーケリング





サンゴのかけらでできた島、バラス島
ダイビング
ケイビング
SUP





釣り
満天の星空



楽しみ方はいろいろ❗️



もちろんアクティブ派でない方もちゃんと楽しめます


島全体が植物園の水牛車で行く由布島





ゆったり遊覧船でジャングルクルーズ
グラスボートでサンゴ遊覧
星砂の浜で星の形の砂を探すのもいいかも⁉️





また、イリオモテヤマネコのことを知りたければ、野生生物保護センターに行くってのもアリ❗️


たくさんの楽しみ方のある西表島ですが
そのアクティビティを最高のものにするか、
物足りないものとなってしまうかを大きく左右するのがガイドだと思うのです。





ガイドって資格とか無くても
自分が「ガイドです!」と言ってしまえば、なれてしまうもの。


ちょっとこっちが恥ずかしくなるような知識量や技術で
胸張ってガイドです!って言ってる人も中には居ます。
もちろん、誰でも初めは新人だからそういうガイドになりたての人のことではなくてね、


ガイドだからってエライ訳でもなんでも無くて
だけど、教えるということがその人を勘違いさせてしまうのかな?
でも本来は「教える」というより「伝える」
というのが正しいと私は思う。






「エコツーリズム」



西表島は実は、日本でのエコツーリズムへの取り組み先進地らしいです。
エコツーリズムとは、エコロジーとツーリズムを合わせた造語のようですが、
要は、その地域の自然や歴史文化を保護しつつ、観光客にその魅力を伝えることでその素晴らしさが理解され、保全意識に繋げていく、さらにはそれにより、地域経済が活性化をはかるというもの。





だけど、ガイドの意識が薄いまま観光客を増やすことばかりに意識がいくと自然破壊や生態系を壊す危険性が出てきますね。


世界全体でも自然破壊は深刻な問題です。
サンゴ問題なんかは西表島に限らず、よく言われてることですよね。





人気の滝遊び、沢登りなどでは足元が滑りやすく危険を伴います。
だからと言って岩に生えてる苔をたわしでこすって取るなんで言語道断。
でも実際そういうことをしてたガイドが過去には居たとのこと。
お客様の安全はもちろん大事。だけど、対応するところがなんか間違ってますよね。


ゴメンナサイ💦
ちょっと真面目な話で辛口になりましたが


せっかく西表島に来たからには
その人が体験してることを知って欲しいし、楽しんで欲しいのです。





あくまでも
ほとんどのガイドは、正しい知識や情報を取り入れ日々頑張ってます。
だけど、数少ない⁉️そういう適当なガイドなせいで西表島の印象が悪くなったり、
間違った情報を持って帰ったりしてしまう観光客の方に申し訳ない。





また、安全を確保するのも大事な仕事。
どんなアクティビティにも危険性は皆無ではありません。
その責任感も持ってガイド業をして欲しいのです。
そして何より、この恵まれた大自然を壊すような行為がなされることはあってはならない。


…と、ガイドでもなんでもない私が生意気に心からそう思うのです。





あー、偉そうに言ってしまった💦😅


観光地によってはガイド認定制度のあるところも増えてるようですが、西表島のある竹富町もガイドの許認可制度確立に動き出しているようです。


まだ不透明なところはありますが
それによって正確な知識や情報を学ぶ場とエコツーリズムの意識をしっかり持った人だけがガイドとなれるように整備されることを願います。





あれ⁉️
なんか、アクティビティの紹介というより
エコツーリズムについて熱く語ってしまったようです💦


私自身が観光客として来てた頃は正直、そこまでこういうことは考えていませんでした。
ツアーに参加した時のガイドさんも
当たりもハズレもありました笑


この島には住むようになって、
また、少なからず観光業に携わるようになって見えて来たことも多い。
世界遺産登録の動きがあったことも影響してますね。





いや、ホンマ偉そうなこと言ってますが
まだまだ私の知ってることなんてほんの、ほ〜んの少し。
もっと深い論議があるはずなのですが
これからまた深めていきたいと思います。


そしてなにより
この大自然をもっともっと知りたい。
深いよ〜😆


離島生活のススメ


アクティビティの楽しさについてはまたあらためて😅





Ayu Egawa icon
亜優

離島生活のススメ。都会のど真ん中から東洋のガラパゴス西表島へ!



離島生活で体験!初めてのもずく採り♪歯ごたえしっかり天然沖縄もずく



陸続きなのに船で移動!?車無しでは生活できない!?西表島の交通事情



《幸運が訪れる》沖縄夏の風物詩、サガリバナ。夜にのみ咲く神秘の花。



暮らしを楽しむ達人のブログ バナー



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!

関連記事