2018-06-17

演劇の舞台セットを作ってたら本物の店を作るまでに!舞台セットあれこれ


『札幌ハムプロジェクト』で演劇と居酒屋をやっていますフルサキエミです!


今回は演劇での舞台セットについて書きます。

様々なセットがあります!演劇の舞台について


私達ハムプロは、衣装や小道具を自分たちで作り、音響や照明も主に自分たちでやりますが大道具、舞台セットも作っています。





2畳程度のステージにセットと小道具を詰め込んだり





これらは、全国をワゴン1台でまわる旅芝居の時の舞台。


ステージに音響照明がいたりします(役者がやります)





旅芝居は、ホール規模の大きな劇場からお寺、居酒屋、カフェ、公民館の一室など2畳ぐらいの小さなところでもやってきました。





私たち札幌ハムプロジェクトが運営する居酒屋、すわ(焼きとん立ち呑み・すわ)でもたくさん公演をしてきました。





舞台が小さくて役者がみっちみち(笑)


ちなみに、元々舞台セットを作っていたから、この居酒屋自体も私たちで作ったのです!


ここ(↓)を、





こうしました!(↓)





また、大きな劇場、広いステージに回転仕掛けの大掛かりな舞台を作ったこともありました。





本番中、役者が舞台を回していました。








上の写真はわかりづらいですが同じ作品で、3つのセットになれる回転舞台です。


こちら(↓)はすすきのと演劇のコラボレーションした「スリーハンドレッド&シックスティBAND ” 1st session “」





札幌ハムプロジェクトが人情あふれる36号線界隈にすわを移転オープンして1年。


すすきの36号線界隈の人々と「すすきの市民劇」を試みました。





舞台は古き素敵なBARを再現。


すすきので働いてる人、呑みに来る人達が観劇に来てくれて、「すわよりも立派な店を作れるんじゃないか!」と絶賛!!笑





すわはオンボロでチープだけど雰囲気ある店を売りにしていますので!





自己紹介のブログでも書きましたが、真っさらな空間で、セット小道具一切ない作品もやっています。





モノに頼らない、役者の身体ひとつで魅せる作品。


北海道外、海外でも公演しています。





段ボールで大量に作ったモノたちで舞台を作ったりもしました。



(2013年公演「ロッスム万能ロボット会社」



(2010年公演「かっこいい宇宙人のぼく」

舞台作り。作るということ


舞台が出来上がっていく過程を書きたかったのですが、写真があまりなく、今回は舞台写真の紹介となりました。





私も書きながらいろいろな演劇を思い出せました。特にしんどかったことを(笑)





私は大道具を作るのが不得意でした。


不得意なので、好きではありませんでした。





居酒屋を作った頃から、電動ドリルが扱えるようになったり、木材を切ったり、知っていき、やる事が増えて、少しづつ舞台作りが好きになりました。


作品に「役者」として出るだけではなく、全て一緒に作る札幌ハムプロジェクト。色々なことをやらせてもらいました。


睡眠が減ってしんどかったり、起きてすぐ作業場へ行き、スッピンにジャージ姿で帰ったら昔好きだった男に会ったり(笑笑)


こちら(↓)、舞台上に置く旗に私が描きました。





描き始めるまで、私はこういう細かい絵は描けないと思っていました。


やってみないとわからない。


それは年をとった今でも変わらず思います。





ハムプロ脚本演出で、大道具も担当している「すがの公」の娘・そらちゃんとペンキ塗り。楽しかったです。


一緒に作る人もとっても重要なことなのかもしれません。


大事な人たちと、好きな人たちと、作っているから私はできないと諦めず、少しづつやれてきたんだと思いました。


次はどんな舞台になるか、私も楽しみです。









フルサキエミ



素敵に大変身!思い出の婚礼箪笥(婚礼家具)のリメイク実例をご紹介!



ダイニング、座卓、ちゃぶ台、食卓、いろんなテーブルのリメイク実例をご紹介!


北海道の役者、居酒屋店員やってます!30代後半の人生



東京へ行ってでも観たかった演劇「ボツ!東京くらげ男」



そっちは苦い川だから〜一人芝居も苦いのか〜甘くはなさそうだ



目指せ大阪遠征!居酒屋で一人芝居・・・その前にお弁当販売!?



暮らしを楽しむ達人のブログ バナー

関連記事