2018-04-15

親バカの一大イベント「息子の誕生日」を乗り切った奮闘の記録


こんにちは。


よくお世辞で言ってもらう、「ムスコさん、男前ですよね~」の誉め言葉に、「そうなんですよ~」とつい答えてしまう、正真正銘の親バカやってます、フルカワです。


若干、相手のドン引きの音が聞こえます(笑)


でもほんとこれって、当たり前のことだとも思うんですよね。この言葉って、私にではなくムスコへいただいた言葉。


ムスコは一個人ですから、親の所持物ではありません。本人がまだ小さく、返事できないのなら、親はその言葉を受け取っておくだけでいいと思います。


むしろ、本人ではない以上、否定する権利はないと思います。


だから、「そんなことないです。うちの子はここがダメであそこがダメで…」なんて返事をする親にたまに違和感を感じます。


将来、否が応でもいろんなところで人格や考えを否定される日がくるから、家庭の中でくらい、“うちの子は世界一!”ってみんな育っていいんじゃないかな。





だから、だれもが、


「お宅のお子さん可愛いですね~」


「そうなんですよ~可愛すぎて困ってまして~」


って会話が堂々とできるようになったら楽しいのになって感じてます。


”親バカ”をみんな楽しめたらいいのにな。


さてさて、話がそれてしまいましたが、先日そんなムスコLOVEの私にとっての一大イベントがありました。


それは、そう。



ムスコの誕生日



それはそれは、張り切ります(笑)


1週間前から、寝かしつけをした後に夜中コソコソと準備に勤しみました(笑)


1歳のお誕生日にもいろいろと手作り飾りをつくったのですが、やっぱり今年も違うものを作りたくなってしまい、やっちゃうんですよね~


ほんとバカやな~と思いながら徹夜してました。(笑)





フォトブースはグリーンでナチュラルな感じにしてみました。


これ、材料はすべて100均です☆


芝生のシートをHAPPY BIRTHDAYにカット(アナログ人間なのでちまちまと定規で測りながら)


「2」は段ボールをカットした上にフェイクグリーン(足元に敷いたりするやつ)を貼り付けて、ボリュームの少ないところにちまちまと緑を移植…
後はおうちにあった小鳥ちゃんを乗せて、自然っぽさを出してみました(笑)


1番時間がかかったのはアニバーサリーポスター。


「2」の中に、ムスコの1歳~2歳になるまでの写真を入れ込みました。


Photoshopなんかを使えたらパソコンでサクサクっと作れちゃうんでしょうけど、なんせアナログ人間なので、ものすごく原始的に作ってます。


まずはスマホで1年間の写真を厳選!
 ↓
コンビニに走りインデックス印刷をします
 ↓
おうちに戻ってそれらを1つ1つカットしたら
 ↓
2の形に切った紙に貼り付け余った部分をカット
 ↓
それを白い紙に貼ったら筆ペンで文字を入れて
 ↓
再びコンビニに走り、仕上げの印刷
 ↓
額縁に入れてできあがりです


とまあ、工程だけ見てたら簡単なんですが、写真を貼れる面積に限りがあるので、厳選するのに時間がかかり…(笑)


なにより1番時間がかかったのは文字を入れる工程。


デザインが全くまとまらず、もっとハデハデなフォントで書いてたりしたんですが「あれでもない~これでもない~」と、書いては消し、書いては消し、、、


気づけば4日くらいかかってました。



・・・え?(笑)



さすがに「私なにしてるんやろ(笑)」って笑けてきましたけど


仕上がりはなんか「シンプルでいい感じやーん」と我ながら気に入っています(笑)


ムスコもこれを見て「あ♡(自分がいっぱーい)」って喜んでくれていたので良しとしましょう!!





この2つに加えて去年も使ったガーランドや風船を天井から飾って、玄関と廊下にはアルバムなどを飾って家中パーティー仕様に☆


前日までに仕込んでおいた飾りなどを夜中ムスコが寝てから黙々と設営する姿は、業者だったと思います(笑)


でも当日の朝、リビングに入るなり、天井から釣り下がったカラフルな風船などに(写真撮りそびれちゃいました…)


「うわあ!!」


っと声を出して喜んでくれたので、母はもう感無量!頑張った甲斐がありました。


飾りを見ては「いさいー!いさいー!(1歳)」と喜んでくれるし(残念。ムスコよ…もう2歳だよ)


誕生日パーティーのランチで被らせたフェルトの王冠も、去年はすぐに外して嫌がったのに、今年はなんだかすんごく気に入ってくれて、鏡の前に行っては姿を確認してニヤリとして


そこから2日間、食事の度に「かぶるー!」と要求してくる姿にキュンキュンが止まりませんでした。←親バカ



(とーちゃんのお休みが終わってしまった3日目の朝、とーちゃんを仕事へと見送り「ああ、楽しい誕生日が終わってしまったんだ」と悟って王冠を要求しなくなった姿には、母、号泣しそうになりました。(涙))



(電車が大好きになった今年は電車のキャラプレートにしてあげました)


とは言え、1年前はまだしゃべれなくて無反応だったので完全自分の自己満という感じでしたが、今年は本人もしっかり喜んでくれて、ムスコのためにがんばれた感があって一安心です(それでも自己満には違いないですが(笑))


とまあ、こんな感じで親バカの一大イベントを乗り切りました!


完全燃焼です!!





ムスコの誕生日に限らず、自分の大切な人のめでたい日には、なにかちまちまと手作業しています。


その人にとっての特別な日をなにかの形で自分も参加したくて。


お金にならなくても、誰かがそれでちょっとでも笑顔になれたらいいかなって。


気づいたら、頼まれもしていないのに勝手にものを送り付ける「贈りたいオバケ」になりつつある危険人物ではありますが(笑)











これも私なりの「暮らしを楽しむ」コツの一つだと思っています。


なにか簡単な手紙でも、既製品に文字を書くだけでも、


身の周りの人のお祝いのために費やす時間って、自分もシアワセのおすそ分けをもらえるようで素敵な時間に感じます。


みなさんもぜひ、家族・友人のお祝いに自分の時間をつかって何か手作りしてみませんか?(やりすぎは注意です(笑))





furukawa icon
フルカワ

平凡なりに楽しむ。2歳のムスコの接待に追われる、そこらへんの主婦の日常



みなさん!「あの」季節がはじまりますよ!レッツ、○゚○○ッ○!!



暮らしを楽しむ達人のブログ バナー

関連記事