2017-06-04

オーダメイド家具の打ち合わせは・・・セッション!


どうも!ルーツファクトリー東京店長ユリマタタです!

日本人の感性あふれる洋風内観で、
「幕末スタイル」を表現した和フレンチバル「son-ju-cue(村塾)」。
ルーツファクトリーは、こちらのお店のテーブルとスツールを製作させていただきました。

和フレンチバルDE幕末スタイル☆



何度も試行錯誤をしてつくったという、テーブル&スツール!
お店の雰囲気にバッチリ合っています!

さて、このテーブル&スツールのデザインがどのようにして生まれたのか、
毎度お馴染み、家具作りたいおっさんに聞いてきました!

幕末スタイルの家具はセッションで生まれた!

みなさんは「幕末」と聞いて、何を思い浮かべますか?
ユリマタタが「幕末」と聞いてパッと思い浮かべたのはアイスクリンや牛鍋!
でも、家具作りたいおっさんに聞いたら黒船や坂本龍馬でした。



あれ!同じ「幕末」でもイメージするものがちがう!?
そっか~、そうだよな~。
一口に「幕末」って言っても、いろんな切り口があるよな~。

人それぞれに、たくさんのイメージがある中で、
どうやってそれを共有をしたのでしょうか。

デザインの打ち合わせについて聞いていたところ、
家具作りたいおっさんの口からは

「セッションや」

という言葉が飛び出してきました。

セッション???

「例えば、『幕末スタイル』のデザインについては、
結構こちらにおまかせいただいてた。
でも、だからといってそれで僕の趣味にしてしまったら違う。
打ち合わせでは『相手が大切にしていること』を引き出すようにヒアリングする。
少しでも『何か違うな』と思ったら、しっかりと掘り下げてピタっとくるようにする。」

なるほど!
独りよがりになったらなりたたないセッション。
きっとひとつの言葉では言い表わせないイメージや隠れた思いを、
ヒアリングで明確にしていくんですね!



たしかに、家具作りたいおっさんはオーダーのお見積りなどのとき、
お客さまとお話しをする中で、何回か似たような会話を繰り返すときがあります。
それを聞いていると、少しずつお客さまの答えが変わっていって、
「あ!ピタッとした!」という時がやってくるのを感じます。

ルーツファクトリーのオーダーメイド家具は「セッション」で!

実はユリマタタ、このオーダメイド事例のインタビューを
家具作りたいおっさんにするにあたり、
最初、このテーブル&スツールにどんな思いが込められているのかが気になって
「黒船をどうやって表現したんですか?坂本龍馬は?着ている服のイメージ??」
なんて質問をしたりもしました。
でもそれは、ルーツファクトリーのオーダーメイドを
みなさまにお伝えする上ではあまり意味のないことだったかも??

ルーツファクトリーのオーダーメイドをお伝えするためのキーワードは

「セッション」

かもしれません!
たくさんあるアウトプットの方法から、
お客さまが大切にしていることにピタッと合うものを見つけ出す。
「セッション」していく中で見つけ出す。

ふふふ、なんか、「セッション」って「打ち合わせ」よりも楽しい響きですね♪
家具づくりのセッション、イイですね~!

見た目以外にも大切なこと。飲食店の家具ということ。

そしてこちらのテーブル&スツール製作では、
「幕末感」以外にも「飲食店で使う」ということもよく考えたと言っていました!
フォークやナイフが使いやすいようにどうするか、
長時間座っていても疲れないようにどうするか、などなど!


フォークやナイフなどのシルバーを入れていくための引き出し。


長時間座っても疲れないクッションやフットレスト。

ふむふむ!
お店の家具の場合、「お客さまのお客さま」のことを考えるのが
とっても大切なんですね!

わー!!
これはぜひ、お客さんとしてお店で体感してみたい!!
大阪に行った時には、絶対にお邪魔しよう!!
ふふふ、楽しみがまたひとつ増えました♪


【和フレンチバルSon-Ju-Cue(村塾)】





ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ

——————————————
ROOTS FACTORY
ハンドメイドインジャパンフェス2017出展決定!
7月22日(土)、23日(日)@東京ビックサイト
——————————————
ROOTS FACTORY代表「家具作りたいおっさん」阪井
BS12 BOOKSTAND.TV
「ニッポンお仕事図鑑~匠の仕事~」出演決定!
7月7日放送予定
——————————————
FELISSIMO×ROOTS FACTORY コラボアイテム
【さをり織りモンペ】
夢くじ抽選応募受付中!
モンペスツール スタンダード8は【こちら】
——————————————

関連記事