2018-06-03

昨日、長年の夢がひとつ叶いました。海を越えて家具をつくりたい。


長年の夢がひとつ叶いました。こういう仕事をしていたら普通のことなのかも知れないけど、僕にとっては特別な意味を持つ夢、それがひとつ叶いました。それは、



海外からの仕事の依頼を受けること。



日本人のお客さんに買ってもらい、スイスに発送したことはありました。日本に来ていたシンガポール人のお客さんに買ってもらって、シンガポールに発送したこともありました。


でも、今までは全部日本円で決済。商品が海を越えて旅立って行ったことは感動だったけど、「海外からの依頼」ではなかったのです。あくまで日本円。






初めて、ドルで支払いを受け取りました。



香港の会社(Snaptee)さんからのオーダーメイド什器の製作依頼でした。言葉の壁もあり、文化の壁もあり、本当に本当に大変な製作でしたが、なんとか昨日、納品を終えることができました。





納品場所は代官山の蔦屋書店。そこに香港からの依頼で製作したROOTS FACTORY製の什器が!


本当に本当に感動でした。お客さんにも喜んで頂いて「これからもよろしくね!」と言っていただきました。本当に嬉しくて、連日の徹夜も泣きべそかいた出来事も吹き飛ぶくらい。





本当に大変だったんです、製作。つくるもの自体も難しいものではありましたが、何せ詳細がうまく詰められない。


日本での「当たり前」や香港での「当たり前」が全然違うんです。先方の担当の方は、かなり日本語が達者でしたが、材質や工法なんかには詳しくないので「探り探り」で正解を探していく作業が本当に大変でした。





材料の一部は支給で、香港から送ってもらったのですが、これがまた片っ端から分からない(汗)


コンセントの形状も違うし、電源コードも日本じゃ手に入らない(多分)し、おまけに送ってもらった商品のURLは日本からは見れない(ロックかなんかかかってるんだと思う)という「どうしたらええねーん!!」状態。





石川工房長も途方に暮れつつめちゃくちゃ頑張ってくれました。





クライアントさんも、僕も必死になんとか伝えようとやりとりを繰り返し、なんとかほぼ完成!というところまでいったところでまた重大なトラブルが連発…


なんと予定納期に間に合わず1日遅れての納品となったんです。





これ、相当な事情はあるにせよ、発注を承った業者としては切腹もんです。マジで。本当に川に飛び込もうかと思うくらいでした。


でも、なんとかなんとか完成し、昨日(というか6月1日の早朝)に納品を終えたのでした。





たくさんのみなさんに助けて頂いて、工房もめちゃくちゃ頑張って、いろんなスケジュールもエライコッチャになってるし、なかなかならない胃痛にもがいたりしたけど、それでもお客さんの最後の言葉、





「これからもよろしくね!」





が本当に嬉しかった。帰り道、嬉し涙が出ました。





いつか、海を越えて、国境も越えて、望まれる場所に行って家具をつくりたい。それも夢のひとつだったりします。もうおっさんやけどw


と、おセンチな喜びに浸るものつかの間、今日は一日いろんなタスクの整理、明日からはリメイクの引き取りに製作に予定はビッシリ!頑張るぞー!!






「家具作りたいおっさん」阪井

お問い合わせ&メッセージはコチラ


家具のこと、リメイクのこと、お気軽にお問い合わせください。


【メールフォーム】





【お電話でのお問い合わせ】


ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)




ヤバイたまねぎ。やばいタマネギ。玉葱ヤバイ。なんで?それはね…

関連記事