2017-05-02

家具屋レーザーデビューの日。家具の新境地!?


改装中の大阪本社

TANI 4 BASE(タニヨンベース)

の工事、今日も入ってきました。
長い間かかったアウェイな作業もそろそろ終わり、
ここからは少しは勝手を知った作業(の筈)
どんどんペース上げていきますよっ!!

っと言いながらの今日の1コマがコレ↓





「これ、家具屋ちゃうし…」



うん、完全にね、違うね。そうだね。


工事の人やん!!


と自分でも思いますw

実はこのレーザー、
あ、これ「レーザー墨出し機」という大工さん御用達の道具なんですけどね、
貸してくれたんですよ、お友達の大工さん(家具屋でもある)が!

大事な大事な道具を貸してくださる大工さん、
なんて優しいんでしょう?
感動しました。
そして、今日早速張り切って使いました。

感想、



すごい!!



使ったのは初めてだけど存在や用途はだいたい知ってました。
でも実際使ってみて感動!!

これね、現場で「基準」を出す道具なんです。
水平とか直角とかレベルとか…
理屈は分かってるけど使ってみて本当にびっくり、

小さな人間が大きな建物をつくる時、
その大きさがネックになります。

測れない、サイズが分からない。

でも、このレーザーがあると
遠く空から、

そうやね、まるで眺めは



天空の城ラピュタ!!



遠く上から全てを見通してるようなそんな感じ!

で、これで何をするかというと、
まっすぐな壁をたてたり床をつくったりするんです。
今日使ったのは階段の基礎(土台)をつくる時

階段の位置を決めて土台を地面に穴掘って仕込んだんですけど
その土台が水平だと階段がパリッつく筈、
てことで使ってみたんです。

そうそう、階段ね、
自分たちでつくってるんです。
無垢鉄のささら板に踏み板を渡すシンプルな構造で


めちゃカッコイイ階段。


石川くんが図面描いてくれたんです。
そして鉄工所で切ってもらってレーザーで穴も開けてもらいました。
だって9mm厚の4m超えのシロモノなので自分たちではさすがに無茶w

この穴もレーザーで開けんたんだそうです。
レーザーマジスゲー!!

と、そんなこんなで今日は長い間困ってた階段が



付きそうな見込みがついた!



というとてもめでたい日でした。
めちゃカッコイイ階段なのでお楽しみにっ!!

試しに位置合わせした時の写真を最後にどうぞ!!







「家具作りたいおっさん」阪井

関連記事