2017-04-12

便器をはずしたほんとの理由


先日のブログで、トイレの便器を取り外した真の理由はこの床にあり。と書きました。


ペンキ 便器 ペンキ







そして、こちらをご覧ください。家具つくりたいおっさん及び大阪本社タニヨンベースの近況です↓


水を撒くおっさん。春だから…?タニヨンベース創ってます。




ご覧いただけたでしょうか。そうです。ルーツファクトリー大阪本社のリノベーションをするべく、床を掘って掘って掘りまくっていた家具つくりたいおっさん。


掘れるものは掘っておけ。
それが家具づくりの心得だ。


東京店トイレ改装の際も家具屋としての心得を説くべく、床を50cm・・・











掘ってません!!


タニヨンベースでは排水をひきなおすために床を掘りましたが、東京店では排水ひきなおしていないですw


では、なぜ便器を取り外したのか。


それは、もと貼ってあった床材を丸ごと剥がして、根本から清潔な空間にしたかったから。


本当は、わざわざ剥がさなくたって、上から新しい床材を貼り付けることだってできたんです。でも、いくら掃除しても汚れが落ちなかったこの床。臭い物に蓋をするだけの改装はイヤ。


そういう理由で、便器まではずし、床材を剥がしたのでした。








剥がしてその下も掃除をしたら、まるで空気が変わったようでした。少し手間ではありましたが、便器をとってでも床を剥がす価値はありました!◎


さて、床材を張り替える下準備が整ったところで。


みなさんはトイレの床を張替えるとしたら、どんな素材を使いたいですか?


トイレは水や強力洗剤、その他諸々が飛び散る、過酷な環境です。素材選びをする際は、そういったことを考えなくちゃですよね!


そこで、よく使われるのがフロアタイルやCF(クッションフロア)。


どちらも塩化ビニールでできていて、水拭きオッケー、汚れにくく、お掃除がしやすいです◎


また、カッターで簡単に加工できるのでDIYにもってこい♪


CFだとサイズにも融通がききやすいので、今回、私たちはCFを使うつもりでいました。


「CF。それはチーズフォンデュではなく・・・」なんてブログタイトルまで用意していたほどです。


ですが!!


家具つくりたいおっさんがホームセンターで見つけてしまいました・・・!





ででーん!DECO-WOOD!粘着剤付塩ビタイルです。


なんとこちら、長さがうちのトイレの大きさにピッタリだったのです。


しかも粘着剤付き!!


ふつうのCFはボンドを自分で塗らなくてはいけないのですが、こちらはその必要なし。そしてなんだか質感が上質!




あっさり乗り換えちゃいました。


いい素材が見つかったのでさっそく張り替え☆明日はこのDECO-WOODの貼り方をお届けします!





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ




「MONPE STOOL」は座ると思わず「あっ♪」と声が出ちゃう座り心地抜群な椅子



MONPE STOOL 超低座モンペスツール
金額:¥20.000(税込)+ 送料:¥1.000円(全国一律)

ただ今、ご注文集中のためお届けまで4週間程度お時間を頂いております。
自社工房でひとつずつ製作している為、製作できる数に限りがございます。
ご不便をおかけ致しますがどうかご容赦くださいませ。
お届けはご注文順ですが種類により順番が前後する場合がございます。
お急ぎの場合は、ご注文前に種類とお日にちをお問い合わせ下さい。

サイズ: W=290 D=290 H=260

仕様: フレーム=無垢材 ファブリック=全8種(詳細は商品ページでご確認ください)



※この買い物カゴは購入画面に直接リンクしています。お買い物について詳しくは
【オンラインショップで詳しく見る】のリンクからご確認ください。

【オンラインショップで詳しく見る】

関連記事