2017-04-19

椅子のリメイク☆愛しいから、大好きだからいつまでも!家具と恋愛は一緒やねん。


長い間使い込んでボロボロになってしまった椅子。愛着もあるし大切なんだけど、
グラグラだし見た目もかなり悲しいことに…


もう、捨てるしかないのかな?


そんなご相談をよく頂きます。今回もそういうご相談で「とりあえず状態とどんな椅子か見せてください」とメールでお写真を送って頂きました。



座面も背もたれも傷んでしまったリメイク前の椅子



う〜ん…なかなかいい感じの使い込み具合…



「フレームはしっかりしてるんだけど」との事でしたが、座面も背もたれも破けてしまっていて、中のクッション材もむき出しになっています。

家具のリメイクやオーダーメイド家具の場合、実際にお見積もりにお伺いする前に、最初にご希望をお聞きして、まずお電話でできる内容や概算金額をお伝えすることにしています。今回もまずお電話でお話ししました。



「なんとかなるんでしょうか?」





もちろんです!





リペアの概算金額をお伝えすると、「頼みたい」とお返事を頂きました。早速お引き取りのお日にちを決め、お客さまのご自宅まで引き取りに伺いました。

お引き取りの日、実物を改めて詳しく見せて頂くと、元のクッションは柔らかなものが1層だけ使用されている仕様でした。これコスパは良いんですがヘタるのも早いのです。この場合はヘタるとかのレベルではなかったですがw



椅子リメイクにおける座面クッションのご提案



長く快適にお使い頂きたいので、2種類のクッションを組み合わせる仕様をお勧めしました。ルーツファクトリーの標準的な仕様です。

自分で言うのもなんですが、ROOTS FACTORYのリメイクは決して安くはないと思います。というのも、「安いから頼んでくれる」仕事はしたくないんです。



「自信持ってお届けできる」



そういう仕事をしたいんです。だからルーツファクトリーの見積りは最安を目指してはいません。あくまでお客さんに「ベスト」なご提案を目指します。なので直接お伺いする前に、あらかじめメールやお電話や概算金額をお伝するようにしているのはそういう思いからです。


ルーツファクトリーではあらかじめメールやお電話で概算金額をお伝えするようにしています


なので「ウチは高いけど良い仕事するぞ、えっへん!!」とか思ってるんですが、「余所より安かったよ」ってお客さんに言われることも結構あって、それはそれでなんだか少し悲しかったりもするんですがw

作業の内容もお店によって違うだろうし金額だけで決めれるもんではないんですけどね。そんな事より大事なのは





「頼んで良かった!」





って感じてもらえるかどうか?だと僕は思っています。







お持ちした生地帳を見ながら「どれが良いかな〜」とかなり悩むお客さん。決め手は息子さんの「これがいい!」でした。



椅子生地のカタログを見てリメイク後の生地を選ぶお客さま



紫のフェイクレザーを気に入った息子さん、

お客さん「でもこれだと暗くない?」

阪井「他の色と組見合わせても綺麗ですよ」

お客さん「え?そんなのできるの!?」



そんなやりとりの後、濃いめの紫と鮮やかなライトブルーの生地をチョイスしていただいて、大事なお客さまの椅子を梱包して持ち帰り、お預かりしました。

直すなら徹底的に!!



工場に運び込んで詳しく検品していると「しっかりしている」おっしゃってたフレームでしたが、ネジは欠損してるしグラつきも結構ありました。



フレーム全然アカンやんー ( ̄▽ ̄)



こういうのよくあるんです。パッと見はしっかりしてるけど、長く使うには問題あり、みたいな、お客さんには分かりようのない家具の実際の状態です。



ルーツファクトリー淡路島工場長石川氏



↑石川「なかなかキテますね」
阪井「お客さんはフレームそのままで良いって言ってたけどなぁ」
石川「どうします?」
阪井「張替え分しか見積りしてないし追加請求したくないしな…」



・・・1分ほど沈黙・・・



阪井「内緒で(費用は請求せす)組み直そうか?」
石川「そうしましょ」
阪井「そうしようか」



と、いうことでお預かりした椅子は分解修理となりました。お見積りの際には、組み直しは別途料金がかかるので費用的に見送ることになり「簡単な補強はサービスでしときますね」となっていたのですが、





結局バラして組み直しちゃった ♪( ´▽`)





ベストなリメイクをするためにバラして組み直した椅子


しかも欠損してる金物がなかなか手に入らない受けの金物で、取り寄せて古くなってたボルト共々全部入れ替えました。

こういうのって元のモノも使えるんですが、どうせ換えるならって全部新しいのに変換えちゃいます。自分が車の修理とか出した時に少し悲しく思うので、家具をリメイクする時にはなるべく換えるようにしてます。

ROOTS FACTORYでは見積りを終えた後に、お客さまから変更の依頼がない限り、追加の見積りはお出ししません。

でも後から「これはちょっとなぁ…」って箇所を発見しちゃった時、「お客さんが良いと言ってたから」で見過ごすのも嫌。だってその時は良くても、しばらく後で困るの目に見えてるから。





お客さんに最高の家具を届けるのみっ! ( ̄^ ̄)ゞ





そんなやりとりなんかもあり、お預かりした大事な椅子ちゃん達は元気に復活しました☆

ついに納品!緊張の瞬間っ!!



そして納品の日、梱包してドキドキしながら持って行きました。愛の告白ではないけれど、やっぱり同じ感じでドキドキするんです納品作業。

最後の検品、点検をして不具合がないことを確かめて厳重に梱包してトラックに積み込みます。



ルーツファクトリーの納品トラック



運んでる途中で傷とかつかないように運転にも気を使います。無事到着して、ピンポンを押します。



「お待たせしました!」



「はーい!どうぞー!」



ドキドキしながら完成した椅子たちを運び込みます。この時はまだ中身はうっすらとしか見えません。



どきどき…



すべて運び込み終わり、いよいよ梱包を外します。





どきどき…





ジャーン!!





フレームを組み直し座面と背もたれを張り替えたリメイク後の椅子





「わー素敵ー!!ありがとう♪」





とお客さん、





これが最高に嬉しい瞬間です☆





元通りテーブルにセットして、お写真を撮らせて頂きました。

いやー良い感じになりました。なかなか選びにくい色ですが、空間も明るくなってバッチリ似合ってるでしょ?



計画通りですけどね ψ(`∇´)ψ



食卓が明るくなりました。う〜ん嬉しい。

お客さんと記念撮影もしちゃいました。



リメイクで椅子の座面生地をビビッドなカラーにし、空間も明るく



「またいつでも呼んでくださいねー!」

と、納品を終え、次のお客さんの元へ向かうのでした。

大好きだから一緒にいる!!家具との付き合いは恋愛と一緒♡



ルーツファクトリーではたくさんの家具のリメイクやリペアをしています。当然お問い合わせだけでお仕事にならないこともあります。そんなお問い合わせの中で、お客さんによく聞かれるのが



「買うのとどっちが安い?」



という質問です。こう聞かれたら僕は迷わず



「買う方が安いです!」



と即答します。実際はそうじゃないことも多々あるんですけどねw

じゃあなぜわざわざそんなこと言うの?って話ですが、



「安いから直す」



という感覚でリメイクや修理をしちゃうと





家具が可哀想だからです。





家具との付き合いは恋愛と一緒、同情や憐みは禁物です!

「可哀想だから直す」じゃなくて、もっと一緒に過ごしたいから「手を入れてあげる」んです。





愛しいから、大好きだからいつまでも。





そう思って使ってもらえたら、家具もきっと幸せだと思います。大好きな家具と、ハッピーな毎日を過ごせるように…

ルーツファクトリーは家具をリメイクしています。







「家具作りたいおっさん」阪井




【お問い合わせ受付】
メール:info@roots-factory.com(共通)

ROOTS FACTORY大阪本社
電話番号:06-6910-4818(水&日祝定休)

ROOTS FACTORY東京店
電話番号:03-6805-3110(月&火定休)

オーダーリメイクご注文方法はコチラから↓↓
ROOTS FACTORY オーダーリメイクについて




座面張替え&フレーム塗装直し3選。ガラリと印象が変わる椅子



アジアンテイストの座卓をシンプルモダンなローテーブルにリメイク

関連記事