2017-09-09

オーク×黒皮アイアンのカスタムオーダー。オープンシェルフ両面仕上げ


オーク材の力強さとシンメトリーな美しさが魅力的なオープンシェルフをオーダーメイドで製作させていただきました。前面も後面も見えるので両面仕上げになっています。





こちらのオープンシェルフは、リピーターのお客さまからのご依頼でした。新しくオフィスを移転拡張されたのですが、前のオフィスでお使い頂いていたFJ-series(FJシリーズ)のデスクに合わせたデザインをご希望でした。


置かれるのは入り口を入って真正面の目立つ場所。家具にとっては特等席とも呼べる場所です。メインの家具に選んでいただけるのは嬉しい限りです。





こういった格子状のシェルフを組む場合、縦と横とで別の角度から接合する関係で、一度に組み上げることができません。まず天底以外の格子を組んで圧着し、時間をおいて天板と底板を組むという工程になります。


また、縦横が共に塞がれるので、ほんの少しのパーツのサイズ誤差(コンマ数ミリ)でもまともに組み上がりません。デザインはシンプルだけど気を使うシビアな作業、家具職人の腕の見せ所でもあります。





納品の時のお客さまの喜んで頂いてるお顔を見ると、苦労の疲れも吹き飛ぶ嬉しさがこみ上げてくるそうです。なんだかその気持ち、とっても分かる気がします。


こちらのお客さま、なんとこの後もリピートのご注文を頂いてオーダーメイドの家具を製作させて頂いたんです。本当に嬉しい限り!そしてなんと、ルーツファクトリー東京店長ユリマタタが家具について知るために行った【家具の旅】の取材にもご協力頂いたんです。






そちらのブログ(ルーツの家具は本当に素敵!?ユリマタタ現場に直撃取材!!)もぜひ読んでみてくださいね☆TRACEさん、ありがとうございます!





ユリマタタ
ルーツファクトリー東京店長
ユリマタタ



『オーク材のオープンシェルフ』


【区分】 カスタムメイド(FJ-series)

【寸法】 W=1274 D=280 H=1334

【仕様】 本体: オーク突板、小口無垢 / 鉄部:黒皮アイアン

【価格】 参考価格=15万円程度




一生使える特大ワークテーブルを製作して納品してきました。



異ジャンルMIXで空間を引き締める。ウォールナット×黒皮アイアン

関連記事